「碁盤斬り」

一条真也です。17日から公開された日本映画「碁盤斬り」をシネプレックス小倉で観ました。正直言って、あまり期待していなかったのですが、いやあ、ムチャクチャ面白かったです! ブログ「ミッドナイトスワン」で紹介した名作を超える俳優・草彅剛の代表作…

「ボブ・マーリー:ONE LOVE」

一条真也です。17日の夜、この日から公開された映画「ボブ・マーリー:ONE LOVE」を観ました。ボブ・マーリーといえば「レゲエと大麻の象徴」みたいなイメージがあり、本人も「マリファナは国を癒す。酒は滅ぼす」と言っていましたが、結果として36歳で…

メタファーとシンボル

一条真也です。17日の早朝、松柏園ホテルの神殿で月次祭が行われました。わが社は「礼の社」を目指していますので、何よりも儀式を重んじます。「こころ」も「かたち」も大切! 月次祭のようす 厳粛な気持ちで神事に臨む 玉串奉奠をしました 拝礼しました …

『葬式不滅』

一条真也です。110冊目の「一条真也による一条本解説」をお届けいたします。『葬式不滅』(オリーブの木)です。ブログ『葬式消滅』で紹介した島田裕巳氏の著書への反論の書です。 『葬式不滅』(オリーブの木) 版元のオリーブの木とは、現代書林の元社…

「またヴィンセントは襲われる」

一条真也です。東京に来ています。15日は業界の会議ラッシュでしたが、夜は編集者と夕食を共にした後、フランスのスリラー映画「またヴィンセントは襲われる」をヒューマントラストシネマ有楽町のレイトショーで観ました。1番シアターの観客は5人だった…

議員会館で映画「グリーフケアの時代に」上映

一条真也です。東京に来ています。15日は全日本冠婚葬祭互助協会(全互協)の理事会、冠婚葬祭文化振興財団の理事会、グリーフケア委員会と業界の会議ラッシュでした。そして、この日から衆議院第一議員会館でブログ「グリーフケアの時代に」で紹介したド…

『中流危機』

一条真也です。『中流危機』NHKスペシャル取材班(講談社現代新書)を読みました。かつて「一億総中流社会」と言われた日本。戦後、日本の経済成長を支えたのは、企業で猛烈に働き、消費意欲も旺盛な中間層の人々でした。しかし、バブル崩壊から30年が…

皐月の東京へ

一条真也です。14日、スターフライヤーの82便で東京に飛びました。本当は11時30分発の80便を予定していたのですが、機材が揃わないとかで欠航の連絡が来ました。それで13時35分発の82便に変更しました。 内海さんとランチしました 本日のラ…

町田そのこ氏と対談しました

一条真也です。13日、サンレーグループの全国葬祭責任者会議が開催されました。今回は、特別対談として作家の町田そのこ氏とわたしのトークショーが行われました。 誕生日の花束&プレゼントを贈られました 貴賓室で歓談しました 場所は、小倉紫雲閣の大ホ…

「笑いの会」PV完成!

一条真也です。わが社は冠婚葬祭互助会ですが、「老福」のためのウェルビーイング事業の一環として「笑いの会」を展開しています。そのプロモーション・ビデオが完成しました。全部で1分50秒の短い動画ですので、ぜひご覧ください! お笑い界で絶大な力を…

『高学歴難民』

一条真也です。『高学歴難民』阿部恭子著(講談社現代新書)を読みました。著者は、NPO法人World Open Heart理事長。東北大学大学院法学研究科博士課程前期修了(法学修士)。2008年大学院在学中、日本で初めて犯罪加害者家族を対象と…

母の日

一条真也です。今年は12日ですが、5月の第2日曜日は「母の日」です。5月は、わたしにとって特別な月です。5日の「子どもの日」、10日の自分の「誕生日」、そして「母の日」があるからです。幼いときから、いつもこの3つの「日」は3点セットでした…

「ジョン・レノン 失われた週末」

一条真也です。61歳になった翌日の11日、ドキュメンタリー映画「ジョン・レノン 失われた週末」をシネプレックス小倉で観ました。ジョン・レノンやオノ・ヨーコについての隠れた一面をはじめ、知らなかったことをたくさん知りました。 ヤフー映画の「解…

「胸騒ぎ」 

一条真也です。61歳の誕生日を迎えた10日の夜、この日から公開されたオランダ、デンマーク合作映画「胸騒ぎ」を観ました。できれば誕生日には観たくない胸糞の悪い映画でしたね。 ヤフー映画の「解説」には、「第38回サンダンス映画祭で上映されたスリ…

ヤフーニュースに一条本が引用されました

一条真也です。ヤフーニュースに「今知りたい!仏壇の役割 日本人の〝心のよりどころ〟として精神的な健康も」という記事が掲載され、 一条本が引用されていました。 ヤフーニュースより 「週刊大阪日日新聞」配信の記事なのですが、西山美沙希記者が「時代…

『夜明けのはざま』

一条真也です。125万部の発行部数を誇る「サンデー新聞」の最新号が出ました。同紙に連載中の「ハートフル・ブックス」の第184回分が掲載されています。今回の本は、『夜明けのはざま』町田そのこ著(ポプラ社)です。 「ハートフル・ブックス」第18…

61回目の誕生日

一条真也です。5月10日になりました。わたしの61回目の誕生日が来ました。昨年の5月10日に還暦を迎えたのですが、あれからもう1年が経過したことが信じられません。しかし、すっかり60代に慣れてしまった自分がいます。(笑) 61回目の誕生日を…

『「今どきの若者」のリアル』

一条真也です。明日で61回目の誕生日を迎えるのですが、若者についての本を紹介させていただきます。『「今どきの若者」のリアル』山田昌弘編著(PHP新書)を読みました。編著者の山田氏は、1957年、東京生まれ。1981年、東京大学文学部卒。1…

全互連行事 in 松山

一条真也です。四国の松山に来ています。曇り空で、あまり天気が良くありません。朝食を済ませてホテルをチェックアウトした後、マイクロバスで愛媛県民文化会館に向かいました。ここで業界の会議が行われるのです。 愛媛県民文化会館の外観 愛媛県民文化会…

互助共生社会  

一条真也です。これまで多くの言葉を世に送り出してきましたが、この際もう一度おさらいして、その意味を定義したいと思います。今回は、「互助共生社会」です。 『人間尊重五十年』と『人間尊重の「かたち」』 この言葉は、わたしの父でもある サンレーグル…

死を乗り越える美輪明宏の言葉

この地球の出来事はすべて〈正〉と〈負〉によっている(美輪明宏) 一条真也です。言葉は、人生をも変えうる力を持っています。今回の名言は、美輪明宏さん(1935年~)の言葉です。美輪さんは、シンガーソングライター、俳優、演出家。歌の代表作に「メ…

GW明けに松山へ 

一条真也です。ついにゴールデンウィークも終わりましたね。みなさん、どこかに行かれましたか? わたしはずっと書斎で執筆や読書三昧でした。しかし、7日からは業界の会議に参加のため四国に出張します。実家で父に会った後、会社に寄ってからJR小倉駅に…

互助会加入の義務化を!

一条真也です。GWが明けた7日の朝、ネットで「身寄りなき老後、国が支援制度を検討 生前から死後まで伴走めざす」という記事を見つけました。出典は、朝日新聞デジタルです。 ヤフーニュースより 記事には、「頼れる身寄りのいない高齢者が直面する課題を…

「無名」 

一条真也です。ゴールデンウィークは対談の準備や読書に耽り、ずっと自宅にいました。本当は映画館に行きたかったのですが、観たい作品もなかったのです。しかし、GW最終日の6日、イオンシネマ戸畑で中国映画「無名」を観ました。上海が舞台のスパイ・ノ…

『方舟を燃やす』

一条真也です。5月5日の「こどもの日」、『方舟を燃やす』角田光代著(新潮社)を読みました。430ページのハードカバーでしたが、あまりの面白さに1日で読了。主人公の1人である柳原飛馬という男性が1967年生まれ(著者の角田氏と同じ)で、19…

一条真也です。たった一字に深い意味を秘めている文字は、世界でも漢字だけです。そこには、人のこころを豊かにする言霊が宿っています。その意味を知れば、さらに、こころは豊かになるでしょう。今回の「こころの一字」は、「禅」です。 ドラッカーが言うよ…

一条真也です。たった一字に深い意味を秘めている文字は、世界でも漢字だけです。そこには、人のこころを豊かにする言霊が宿っています。その意味を知れば、さらに、こころは豊かになるでしょう。今回の「こころの一字」は、「詩」です。この場合の「詩」と…

唐十郎、死す!

一条真也です。4日、唐十郎さんが急性硬膜下血腫のため東京都内の病院で亡くなりました。84歳でした。「泥人魚」「ベンガルの虎」などテント劇場で時代を挑発し日本の演劇界をリードした劇作家、演出家、俳優で文化功労者です。わたしにとって、三島由紀…

ムーンウォッチ

一条真也です。5月5日は「こどもの日」ですね。わたしが6歳のときに忘れられない出来事がありました。1969年7月16日、アメリカの宇宙船アポロ11号がフロリダ州のケネディ宇宙センターから打ち上げられました。そして、20日に月面着陸を果たし…

こどもの日はキングコング!

一条真也です。5月5日は、「こどもの日」です。「端午の節句」でもあります。拙著『決定版 年中行事入門』(PHP研究所)に詳しく書きましたが、男の子のお祭りと思われている「端午の節句」は、もともと女の子のお祭りでした。田植えが始まる前に早乙女…