キュリオス福岡公演   

一条真也です。
15日の夜、シルク・ドゥ・ソレイユ創設30周年記念作品「ダイハツ キュリオス」福岡公演のグランドオープニングに招待され、福岡を訪れました。会場は、筥崎宮外苑にある「福岡ビッグトップ」です。シルク・ドゥ・ソレイユを鑑賞するのはずいぶん久々ですが、外はあいにくの大雨ながらも最高の舞台でした。

f:id:shins2m:20190215143926j:plain

 

楽天チケット「ダイハツ キュリオス」のサイトには、「『キュリオス』は、『好奇心』『骨董品』という意味を持つ言葉。舞台は19世紀の産業革命の時代を彷彿させながら、近未来を感じる雰囲気。目に見えない世界が存在すると信じているシーカー(主人公)が、あちこちから集めた骨董品などのコレクションの中から間に合わせのアイテムで作った機械の世界に足を踏み入れるところからストーリーが始まる」と書かれています。

f:id:shins2m:20190215144001j:plain

 

続いて、以下のように書かれています。
「風変りなキャラクターたちが主人公の想像力を刺激しようと、詩やユーモアで世界をひっくり返そうとした時、骨董品たちが目の前で命を宿していく。想像力を信じて自分の心を解き放つ時、私たちは不思議の世界へと通じる扉を開けることができるかもしれない」

f:id:shins2m:20190215180747j:plain「福岡ビッグトップ」の外観

f:id:shins2m:20190215180909j:plain
あいにくの大雨でした

f:id:shins2m:20190215194959j:plain
「福岡ビッグトップ」の内部のようす

f:id:shins2m:20190215181157j:plain開宴前の舞台のようす

 

「キュリオス」は2014年の開幕以来、モントリオール、シカゴ、ニューヨークなど20都市以上を巡り、300万人を超える人々を魅了しています。日本では、2018年2月の東京公演を皮切りに、大阪、名古屋、福岡、仙台を巡演することになっています。

 

楽天チケット「ダイハツ キュリオス」は、主人公のシーカー(THE SEEKER)について、「この物語の主人公。この館の主でもあり、独創的で無邪気な人道主義的人物。子供のような無邪気さで、突拍子もないアイデアや壮大な夢が待ち受ける『目に見えない世界』を信じている。物語を通して、直感や想像力を信じる者には奇跡が起きるのだと気付いていく」と書いています。

 

以下は、楽天チケット「ダイハツ キュリオス」から内容の引用です。

カオス・シンクロ1900
(オープニング)

「機関車が駅で停車すると、19世紀からやってきたさまざまな乗客が次々と降りてくる。風変わりな人、曲芸師、ジャグラーパーカッショニスト、ダンサーたちがそれぞれ着飾って登場する。アクロバットやパーカッション、さらには振付も加わって『好奇心の玉手箱』の中で、自由と活気あふれるお祭りムードを作り出す」

ロシアン・クレードル

「漏電によって目覚めた力持ちの男と磁器の顔を持つ人形が、オルゴールから飛び出し、動き出す。アーティスト2人が地上約4メートルもある装置の上で繰り広げる、信頼がなくては成り立たない大技。キャッチする男性が、次々と高度な宙返りを繰り出す彼女を空中に投げる様子は、まさに人間空中ブランコのよう

エアリアル・バイシクル

「空中に吊られた自転車の上で、ハンドルや車輪に足や腕などをかけて、さまざまな体勢に。逆さまの状態で、平然と自転車をこぐ様子は圧巻!」 

透明サーカス

「風変わりなリングマスターが目に見えないアーティストのいる小さなサーカスを演出。シーソーを使った技、高い場所からのダイブ、一輪車の綱渡りまでさまざまな演目を、あたかも本物のサーカスがあるかのように音とビジュアルのみで見事に再現。詩的にそしてコメディ調に、伝統的なサーカスを称えている」

コントーション

「深海生物(主人公シーカーのキャビネットにいる電気うなぎ)が活き活きと動き出す。テンポが良く、流れるような演目。『機械仕掛けの手』の上で、うごめきながら、とてつもない速さで、驚きの人間ピラミッドを次々と作り出す」

バランシング・オン・チェア

「夕食に招かれたゲストたちは、シャンデリアを念力で動かすことができる男性に驚く。別のゲストは、イスを積み上げてそのシャンデリアに触れようと挑戦を始めると、頭上に全く同じ見た目の世界が逆さまに存在することに気が付く。想像力と勇気を持って、目標を達成するために互いに競い合っている」

ローラ・ボーラ

「恐れ知らずのパイロットは、小さなプロペラ機で優雅に着陸する。筒や板を組み合わせてできた不安定な仕掛けの上に乗り、動く装置の上で見事にバランスをとる。上から吊り下げられた装置は、上がったり下がったり、大きな振り子のように揺れ動く。人間離れしたバランス感覚を必要とする技」

 アクロネット

「ステージ全体を覆うほどの大きいネットを使った、トランポリンの技を使ったストリートスタイルの演目。広大な海の上で生き物たちが飛び跳ねる様子を表している。足だけでどのくらい弾むかを調節できるようになっていて、Y型の棒にゴムひもをつけて玉を飛ばすパチンコのように、仲間を天井に届くほど跳ね上げることも」

コミック・アクト

「男性が客席から一人の女性をステージに上げ、誘惑しようとする。オウムやティラノザウルス、猫などにことごとく邪魔される様子はとてもユーモラス」

 エアリアル・ストラップ

「リボンにぶら下がり宙を舞う体がつながった状態の双子が、ステージの遥か上空で、時には1人で時には2人一緒に、さまざまなアクロバットを繰り広げる。一瞬のずれも許されない完璧に息の合った技を披露しながら、頭上高く舞い上がり、縦横無尽に動き回る。

ヨーヨー

「時の案内人。懐中時計に化したヨーヨーをさまざまな方向に回すと、時間を早めたり遅めたり思いのままに操ることが出来る。まるで時計の針を回すかのように、光のような速さで2つのヨーヨーを巧みに回転させる」

 シアター・オブ・ハンズ

「アーティストが指だけを使ってストーリーを伝える、シンプルで詩的な演目。リアルタイムの映像がスクリーンの役割を果たす熱気球に投影される。小さなキャラクターの冒険のフィナーレをお楽しみに

バンキン

「体の機敏さを表現した、完璧に息の合ったアクロバット人間ピラミッドを披露。次々に互いの肩に乗っていくだけではなく、飛び降りたり宙返りしたり、ステージや観客席などさまざまな場所で動き回る」

 

 そして、「FINALE(フィナーレ)」を迎えます。
全体の感想として、「ロシアン・クレードル」「コント―ション」「バランス・オン・チェア」「ローラ・ボーラ」「アクロネット」「エアリアル・ストラップ」といったアクロバット系のショー(空中ブランコ含む)はスペクタクルとして素晴らしかったですが、「透明サーカス」「コミック・アウト」などのパフォーマンス系のショーは今ひとつピンと来ませんでした。旧来のサーカスでいえば、ピエロ(クラウン)のコントに相当するのでしょうが、面白さがよく理解できませんでした。カナダと日本のユーモアセンスの違いがあるのかもしれませんね。

f:id:shins2m:20190215203320j:plain
「好奇心」を刺激されるイマジネーションの宝箱でした

f:id:shins2m:20190215203242j:plain
雨が止んだ「福岡ビッグトップ」の前で

 

「太陽のサーカス」を意味するシルク・ドゥ・ソレイユは、火喰い芸(en)の大道芸人だったギー・ラリベルテが、カナダのケベック州で1984年に設立したサーカス団ですが、世界最高のエンターテインメント集団として有名です。その創設30周年記念作品である「ダイハツ キュリオス」は、その名の通り「好奇心」を刺激されるイマジネーションの宝箱でした。この日の福岡公演グランドオープニングにご招待下さったテレビ西日本さんに感謝いたします!

 

2019年2月16日 一条真也

『セゾン 堤清二が見た未来』

セゾン 堤清二が見た未来

 

一条真也です。
『セゾン 堤清二が見た未来』鈴木哲也著(日経BP社)を読みました。ブログ『堤清二 罪と業』で紹介した本は西武帝国を築き上げた堤一族の悲劇を描き出していましたが、本書には経営者・堤清二の未来志向の経営の軌跡が綴られています。著者は1969年生まれで、現在は日経ビジネス副編集長です。

f:id:shins2m:20181119204934j:plain
本書の帯

 

本書のカバー表紙には、堤清二の似顔絵(山口はるみ画)が描かれており、帯には「無印良品、パルコ、ロフト、ファミリーマート西友西武百貨店、すべての原点がここに――」「『2020年を前にして、堤清二の考え方を知る。これは、ずいぶんとおもしろいぞ。』糸井重里」と書かれています。 

f:id:shins2m:20181119204926j:plain
本書の帯の裏

 

帯の裏には本書の構成が紹介され、「『矛盾だらけの多面体のような経営者をここまで書きぬいた本は、ほかにない。』上野千鶴子」「セゾングループ堤清二が生み出した先駆企業の栄光と苦闘」と書かれています。

 

本書の「目次」は、以下のようになっています。

「はじめに」

一章 無印良品

 一節 ロンドンで感じた違和感

 二節 西友と堤からの「独立」

 三節 今は無印を、僕たちが解釈している

二章 西武百貨店

 一節 革新は、いつも逆境から

 二節 セゾンが文化を"民主化"した

 三節 挫折の連続の中に先見性

三章 パルコ

 一節 幻の「銀座パルコ」

 二節 パルコの流転と堤の戦い

 三節 アニメ文化に宿るDNA

四章 専門店

 一節 ロフトを生んだ堤のひと言

 二節 リブロの静かな誇り

 三節 堤の理念、継承者たちの奮闘 

五章 ホテル・レジャー

 一節 異母弟・猶二が見た清二の夢

 二節 「共犯」だった銀行が豹変

 三節 西武の原点とグループ解体 

六章 チェーンオペレーション

 一節 吉野家買収の慧眼(けいがん)と矛盾

 二節 西友、「質販店」の憂鬱(ゆううつ)

 三節 ファミリーマート、誤算の躍進 

七章 人間・堤清二

 一節 「お坊ちゃん」が学んだ大衆視点

 二節 避けられなかった「裸の王様」

 三節 堤が遺したメッセージ

「あとがき」

 

「はじめに」の冒頭を、著者は以下のように書きだしています。
無印良品ファミリーマート、パルコ、西武百貨店西友、ロフト、そして外食チェーン吉野家――。いずれも日々の生活でなじみのある企業であり、知名度の高いブランドだ。これらの企業が、かつて同じグループに属していたことを、知らない世代が増えている。コンビニエンスストアの中で、なぜファミリーマートだけが無印良品の化粧品やノートを売っているのか。改めて指摘されなければ、普段の生活では不思議に思わない」

 

続けて、著者は以下のように述べています。
「これらはいずれも、堤清二という男が一代でつくり上げた「セゾングループ」という企業集団を構成していた。小売業にとどまらず、クレジットカードや生命保険、損害保険などの金融業、ホテルやレジャー、食品メーカーまで、多様な事業を展開してきた。ラジオ局のJ-WAVEも、いわゆるグループ企業ではなかったが、情報発信を重視する堤の戦略によって、開局から深くセゾングループが関与した。ほかにもセゾングループは、映画配給のシネセゾンパルコ出版などのメディア関連事業、美術館や劇場といった文化事業を幅広く手がけたところに特色があった。一時はグループ約200社、売上高4兆円以上のコングロマリットを形成したセゾングループ。かつてはスーパーを軸としたダイエーと並んで、二大流通グループとされていた」

 

しかし、展開する事業の多彩さにおいては、セゾングループを超えるコングロマリットは日本に存在しなかったと指摘して、著者は述べます。
セゾングループの存在感を高めていたのは、売上高4兆円を超える規模よりもむしろ、消費文化をリードする先進性にあった。1970年代から1980年代にかけて、セゾングループが手がける事業には、いつも何らかの新しさがあった。話題性に富み、高感度のセンスを備えていたのだ」

 

堤清二は、「商品を売るのではなくライフスタイルを売る」「モノからコトの消費へ」「店をつくるのではなく、街をつくる」などの考え方を全面に打ち出して、セゾングループを経営しました。著者は以下のように述べます。
「セゾン文化が全盛だった1970年代から1980年代のように、1つの企業が消費者を啓蒙できる時代では、もうない。堤のような経営者が消費文化を先導できるわけでもない。ただ、堤とセゾングループがかつて持っていた特有のエネルギーを検証することは、未来の消費の行方を知る上で、大きなヒントとなるはずだ。新たな価値を生み出す発想力や、現状を否定してイノベーションを起こす柔軟性――。閉塞感が漂う現代だからこそ、セゾングループのかつての哲学を掘り起こし、分析することに大きな意味があるのだ」

 

著者は、「現代の課題を先取りして闘っていた堤」として、以下のように述べています。
「ロボットやAI(人工知能)などの先端技術をどのように活用すればいいのか。技術の進歩によって各段に便利になる生活の中で、人間らしい働き方とは何なのか。堤は、1970年代から1980年代にかけて、こうしたテーマに対しても、事業を通じて『解』を見いだそうとしていた。今見ても、これらは極めて現代的な課題である。
もしかすると堤は、30年、40年先の未来から、昭和の日本にタイムワープをした異色の経営者だったのかもしれない。1990年代以降、グローバル資本主義が地球を席巻し、『数字化できる利益こそが至上の価値』という考え方が企業社会を支配してきた。消費文化もその影響を受けた。だが堤が提示したのは、数学だけで人間の幸福や楽しみ、よろこびを評価する価値観に対する明確なアンチテーゼである」

 

また、「人間が豊かに暮らし、働き、そして幸せを感じるとは、どういうことなのか」と読者に問いかけ、著者はこう述べます。
セゾングループの歩みを通して堤が導きだそうとした『解』を探ることは、市場原理主義とも言える乱暴なグローバル経済が転換期を迎えた時代だからこそ、大きな意味を持っている。企業が社会に存在することの意義は何か。人々を豊かにすることが1つの役割だとすれば、今度は、豊かさとは何かという疑問が立ちのぼってくる。企業が、経済活動を通じて人と社会を豊かにすること。それは、ものに満たされることばかりではない。生活をより便利にすることだけでもない。むしろ今求められるのは、物質を超えた新しい豊かさではないだろうか。堤清二という経営者は、そうしたメッセージをセゾングループの事業に込めていた」

 

 

一章「無印良品」の冒頭には、こう書かれています。
無印良品は、堤の思想の結晶なのだ。あるいは、堤の分身と言ってもいい。父・康次郎に命じられて、27歳で西武百貨店に入社した堤は、西友やパルコといった小売業のほかにも、外食、金融、不動産など、多様な事業を展開した。その先にたどり着いたのが、無印良品だった。堤は西武百貨店などの事業を急拡大する中で、自ら大資本家の役割を担い、欧州の高級ブランドを大衆に広める伝道師としても成功した。
無印良品は、そんな堤の過去の取り組みに対するアンチテーゼだった。現状を打破する自己否定の精神。矛盾を抱えながら、それを高い次元へ昇華させること。無印良品には、そんな堤らしい経営哲学が凝縮されている。そして堤の強いこだわりが、国内外約900店の無印良品の成功をもたらしている。無印良品の生い立ちと歩みを伝えること。それは堤清二という極めて複雑かつ矛盾を抱えた経営者の輪郭を、くっきりと浮かび上がらせることでもある」

 

二節「西友と堤からの独立」では、1985年に西友の中に新設された無印良品事業部の初代部長を務めた木内政雄に対して、堤は何度も「無印良品のコンセプトのホテルをつくれ」と伝えていたそうです。著者は述べます。
セゾングループは1988年、約50ヵ国で約100のホテルを運営するインターコンチネンタルホテルを買収していた。投資額は2000億円以上。世界のホテル業界で最大級の買収と言われ、のちにセゾングループを苦しめる一因にもなった案件だ。同ホテルチェーンは最終的に、負債を減らしたい銀行団の圧力によって1998年に売却される。堤はその無念さを隠さなかった。それほどホテル事業に強い思い入れがあったのだ。おそらく堤は、自らの経営思想を隅々まで注ぎ込んだホテルを一からつくり上げたかったのだろう。『無印良品のホテル』というアイデアに強いこだわりを持っていた。そして、木内に「無印良品のコンセプトのホテルをつくれ」と繰り返していたのだ」

 

無印良品のホテルは最近になって実現しました。2018年1月18日、良品計画が中国・深圳に世界初の「MUJIホテル」を開業したのです。著者は述べます。
「堤が存命であれば90歳。もう少し生きて、自分の目でその出来ばえを確かめたかったに違いない。日本でも2019年春、東京・銀座に、無印良品の新たなフラッグシップ店に併設されるかたちで、MUJIホテルがオープンする予定だ。MUJIホテルは、運営を外部に委ねるものの、コンセプトは良品計画が策定。内装のデザインや家具の提供も手がける」

 

二章「西武百貨店」の二節「セゾンが文化を“民主化”した」では、「タレントは使わず、アートをつくる」として、著者は以下のように述べています。
西武百貨店は、広告を文化にしたと言われる。
著名なコピーライターの仲畑貴志も、堤に誘われてセゾングループの仕事を始めた。『タレントを起用した広告を、堤さんは避けていました。既存のものをカネで買うんじゃなくて、自らつくろうという思いがあったんじゃないですか。アートをつくろう、と。堤さんならではの個性が非常に強く反映されています』」

 

続けて、著者は以下のように述べています。
「堤のキャラクターを語る時、『辻井喬』のペンネームで詩や小説を書き続けた作家としての側面は見逃せない。経済界からは皮肉交じりで『詩人経営者』とも呼ばれたが、堤は創作に対して並々ならぬ執念を注いでいた。1970年代から1980年代、セゾン文化が世の中を席巻する前から、堤は自らの感性を頼りに、美術や演劇、音楽というコンテンツを事業に取り入れていった」

 

三節「挫折の連続の中に先見性」では、「テクノロジー人間性を回復する」として、著者は以下のように述べます。
「『メカトロ』とは、自動搬送システムを使って店内の物流を合理化するといったハイテク技術を駆使した店舗のこと。セゾングループでは、西友能見台店(横浜市)に続いて、西武筑波店でメカトロを導入していた。
セゾングループ全体の方針や企業姿勢を伝える広告にも携わっていた糸井重里は、ロボットを導入した堤の考え方を、直接聞いたことがあった。『初期のロボットをスーパーマーケットに導入するという議論でも、ゆくゆくはどういう時代が来るという話をこんこんとしていましたね。いずれは人がやらなくてもいいことを、ロボットがやってくれる。これから我々はそれを視野に入れて仕事をしていくべきだ、と。今も似たような話が実現しつつあって、よく話題になっていますね』」

 

続けて、著者は以下のように述べています。
「現代では極度の人手不足を背景に、製造業だけでなく、小売業やサービス業でもロボット導入の機運が高まっている。堤はそれを30年以上前に先取りしていた。それだけではない。『なぜロボットを導入するのか』という点にも、深い思想の裏づけがあった。堤は、ロボットなどの先端技術を駆使して、セゾングループの職場から、力仕事や単純作業を排除しようと考えていた。テクノロジーの進化が人間性を回復すると信じていたのだ」

 

三章「パルコ」の一節「幻の『銀座パルコ』」では、以下のように述べられています。「振り返れば、堤はその経営者人生で長く「銀座」という場所に執念を燃やし続けてきた。西武百貨店とパルコの両方で経営幹部を務めた森川茂治は、セゾングループにとっての銀座の意味をこう解説する。『西武百貨店もパルコも、フラッグシップ店は池袋と渋谷というターミナル駅に立地して、私鉄沿線の顧客をキャッチするビジネスモデル。沿線に住む団塊世代がつくった戦後の新しい「東京」とともには発展した新興企業です。だからこそ、元来の「東京」、つまり江戸の生活文化が残り、老舗が商売をしてきた銀座に、どうしても拠点が欲しかったのです』」

 

 また、「堤が銀座に抱いた野望」として、著者は述べます。
「池袋から成り上がった新興百貨店が、普通の方法で老舗百貨店に挑んでも勝ち目はない。百貨店が持ち得ない若者を魅了する斬新なイメージ戦略と情報発信で、一発逆転を狙う――。これがセゾングループの成功の方程式だった。そのためには西武百貨店だけでは足りず、ファッションのテナントを集積した都市型ショッピングセンターの草分けであるパルコが不可欠だ。パルコこそが、老舗百貨店が持ち得ない有力な業態だからだ」

 

続けて、著者は以下のように述べています。
「1970年代から1980年代、パルコは西武線ターミナル駅である池袋の街のイメージを向上させた。さらには東急グループの拠点である渋谷の街の印象を刷新する力も持っていた。いずれも、ターゲットにしたのは団塊の世代より下の、当時の若い消費者だった。戦後、私鉄沿線に住宅地が広がり、そこに住む若者たちが消費者として台頭してきた。若い大学生など、地方から東京への流入も続いた。そんな新しい都市生活者を魅了して、池袋と渋谷という街をつくり変えたのがパルコだった」

 

四章「専門店」の二節「リブロの静かな誇り」では、「ニューアカブームをけん引したリブロ」として、著者は以下のように述べています。
「1980年代といえば、大学生の間でフランス現代思想などのニューアカデミズムがブームになった時代だ。既存の分類にとらわれない独自の本の並べ方が評判を集め、リブロの池袋本店は“ニューアカの聖地”と呼ばれるようになっていた。それまでは難解で縁遠い存在と思われていた哲学や思想が、一般の人にも手が届くようなイメージをまとって流行するという特異な現象が起こっていた」

 

構造と力―記号論を超えて

構造と力―記号論を超えて

 
チベットのモーツァルト (1984年)
 

 

続けて、著者は以下のように述べています。
「ここでもリブロは、作家などを招くイベントや独自の切り口のブックフェアを展開。浅田彰中沢新一といった学者が1980年代の『知のスター』のような存在になる上で、リブロが果たした役割は大きい。西武百貨店によって、欧州の高級ブランドは一般消費者の身近な存在になった。同じように、リブロによって象牙の塔の中にあった知は民主化された。リブロがけん引したニューアカブームでは『知がファッションになった』と言われたほどだ」

 

堤清二自身も書店としてのリブロを愛していました。「辻井喬にとってのリブロ」として、リブロの取締役や池袋本店店長を務めた菊地壮一の「堤さんは本の表紙を見たり、立ち読みしたりしている時に、新しい事業のアイデアを思いつくようで、書籍売り場の事務所からいろいろなところに電話をしていました。例えば秘書に、『すぐに誰と誰を集めておくように』と会議の準備を指示していました」という言葉が紹介されています。これについて、著者は、「堤は、フランスの現代思想で話題を集めた『リゾーム(地下茎)』など、海外で話題になっている思想を、店づくりにも導入しようとしていた。社内会議で現代思想などの話題が出ることも日常茶飯事だったという。リブロの売り場を歩きながら、ビジネスのアイデアを膨らませていたのだろう」と述べています。

 

書店のイノベーションが「リブロ」なら、レコード店イノベーションが「WAVE」でした。現在の六本木ヒルズの場所に建てられましたが、当時わたしは六本木に住んでおり、毎日のように通ったものです。著者は、「単なる物販にとどまらない文化の発信とライフスタイルの提案こそが、リブロやWAVEの強みだった。そこに足を運べば新しい発見があり、自分も変わることができる。そんな何かに出合える店を、リブロもWAVEも目指していた」と述べています。

 

そして現代、改めてリブロやWAVEのような取り組みが見直されはじめているとして、著者は以下のように述べます。
「米アマゾン・ドット・コムなどのインターネット通販が全盛になり、リアル店舗は、顧客に足を運んでもらえるかどうか、自らの存在意義を改めて問い直す必要に迫られているからだ。その中でも、例えばカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が運営する複合商業施設『代官山T-SITE』(東京・渋谷)などは、かつてのセゾングループのDNAを引き継いでいると言えるだろう。施設内にある大型書店『蔦屋書店』で書籍や音楽ソフトを販売しながら、遊歩道で結ばれた複数の専門店も含めて、全体でライフスタイルを提案している」

 

五章「ホテル・レジャー」の冒頭を、著者は以下のように書きだしています。
「戦後の大衆消費社会をリードしたセゾングループ西武百貨店を母体に、コングロマリットの形成にまい進していた堤は、一体、どこでつまずいたのか。最大の挫折は、ホテルやリゾート開発といった領域にあった。堤の経営者人生には光と影が交錯するが、影の部分は、これらの事業を担った不動産会社の西洋環境開発に凝縮されていると言っても過言ではない。ホテルやレジャーはかねて、西武鉄道グループの主力事業だった。西武鉄道グループは、先代の堤康次郎が1964年に他界した後、清二の異母弟の堤義明が継承者となった」

 

続けて、以下のように書かれています。
「清二が1980年代、ホテルやスキー場、レジャー施設といった西武鉄道グループと正面からぶつかる事業を急拡大した背景に、義明に対する対抗心があったことは間違いない。ただし、単なる兄弟の確執によって、清二が多角化に走ったという一面的な理解も正しくはない。西武百貨店に入社して間もない1960年代、清二は早くも日本人にとって真の豊かさとは何なのかを考えながら、『生活総合産業』という理想を胸に抱いていた」
夢を追った結末は残酷でした。1990年代、セゾングループの負債は3兆円以上と言われ、西洋環境開発は2000年に経営破綻。グループ解体に至ったのです。

 

一節「異母弟・猶二が見た清二の夢」では、「若い頃にホテル事業を手がけていた清二」として、こう書かれています。
「1964年の東京オリンピック開催の直前、9月1日に『東京プリンスホテル』は開業した。港区芝公園にあるこのホテルは、もとは西武百貨店が開業準備の段階から担当していた。当時、西武池袋本店の店長だった清二は、東京プリンスホテルの事業責任者にも就いた。オリンピック開催に向けてホテル不足が国家的な課題となっていた時代である。政治家だった康次郎は、『自分が貢献しなくては』と考え、大型国際ホテルの建設に乗り出した」

 

続けて、著者は以下のように述べています。
「当時としては水準の高い設備を有し、客室のデザインやインテリアなどは、清二の母親で、『会長夫人』(会長とは康次郎のこと)と呼ばれていた操が選定した。開業を記念して、西武百貨店は同ホテルで『ダリ展』を開催。猶二は『西武百貨店でなくてはできないイベントでした。かなり大きな反響もありました。この時、清二さんはホテルに思い入れを持ったのだと思います』と振り返る。
ホテルの建設を急いだ康次郎だったが、その開業も東京オリンピックも見ることなく、1964年4月に急逝する。そして、グループのホテル事業は義明が継承することになり、東京プリンスホテルも、西武百貨店から西武鉄道グループに移管されることになった」

 

その後、セゾングループは国際的に知名度のあるインターコンチネンタルホテルを買収しましたが、結果は失敗でした。セゾングループ流の「生活総合産業」をビジネスとして成功させる難しさについて、猶二は「セゾングループは、消費者に新しいライフスタイルを提案するビジネスをずっとやってきたわけです。ライフスタイルが変わって市場が大きくなった時にそのビジネスを始めれば、確実に利益は出るでしょう。けれどセゾングループの場合、ライフスタイルが変わる前に、次の新たな価値観をどんどんと提案していました。利益の果実をつみ取る前に、新しい事業をスタートさせるのです。だから、なかなか利益が出なかったのです」と話しています。

 

清二にとって、ホテル事業はどんな意味を持っていたのか。
「ホテルは文化の中心である」として、著者は「清二さんは、ホテルは文化であるという感覚でした。地域に根ざした情報発信の拠点であり文化の中心である、と。1964年、東京プリンスホテルの開業時になぜダリ展を開いたのか、というところに戻っていきます。それもやっぱり文化の発信なんです」という猶二の言葉を紹介します。

 

また、「レジャーや観光にもアクセル」として、「清二は、セゾングループの主軸であった百貨店やスーパーなどの小売業に限界を感じていた。だからこそ『生活総合産業』を標榜し、ホテル以外にもレジャーや観光といった、現代で言う『コト消費』の分野に夢を抱いて、1980年代以降、アクセルを踏み込んでいった。セゾングループがホテルやレジャー、観光に力を注いだ裏側には、時代的な事情もあった。1987年、総合保養地域整備法(リゾート法)が施行され、国の施策に乗って、全国的にリゾート開発が加速していたのだ」と書かれています。

 

続いて、著者は以下のように述べています。
「企業に週休2日制が広がり、バブル景気の後押しもあって、消費者はモノの消費からレジャーなどのコトの消費へ、鮮明にシフトしていた。清二について、『1980年代のバブル経済の波に乗ってホテルやレジャーなどの事業を手がけた末に、失敗した経営者』というイメージを持つ人は少なくない。バブル経済の膨張に背中を押された清二が、にわかにホテルやレジャー事業に突き進んだ、という論調だ。だが、それは事実ではない。清二は事業家として歩みはじめた当初から、レジャー事業に強い関心を持っていたからだ」


リゾートの思想』(河出書房新社

 

「レジャー産業に託した清二の思い」として、著者は、清二が35歳のときに編著として1962年に刊行した『レジャーの科学』(実業之日本社)という本を取り上げます。同書には「経営の理念は、消費者のレジャー活動に奉仕し、その人間的幸福の拡大に献身する具体的経済活動のなかから、私ども自身が創りあげてゆかねばならないと考えられる」という清二の言葉が書かれています。著者は、「レジャー事業で日本人の生活を豊かにしようという、若き清二の決意表明のようにも受け取れる。ここで『経営の理念』という言葉が登場しているが、実際に清二が順次手がけはじめたレジャーや観光事業は、文化を重視する清二の理念を色濃く反映したものになった」
なお、この『レジャーの科学』という清二の編著は、約30年後の1991年に刊行された拙著『リゾートの思想』(河出書房新社)の内容と重なる部分が多いです。

 

 

六章「チェーンオペレーション」の一節「吉野家買収の慧眼と矛盾」では、「流通革命論に疑問を抱いた堤」として、著者は以下のように述べています。
「堤が1979年に著した『変革の透視図』(改訂新版、トレヴィル)という経済書がある。東京大学での堤の講義をもとに編集したものだが、出版の動機として、ダイエー創業者の中内らが唱える『流通革命論』への疑問があった。流通革命とは、メーカーではなく小売業こそが、サプライチェーンの主導権と価格決定権を握るべきだという考え方で、1960年代以降に多くの信奉者を生んだ。これに対して、堤が提示したのは、『流通産業はマージナル産業だ』という主張だ」

 

何が「マージナル=境界」なのかというと、「資本の論理」と「人間の論理」の境界にあるというのです。資本と人間との接点にビジネスが存在する流通業は、規模の拡大や利益一辺倒ではなく、人間の本質を理解した事業展開が重要になるという論ですが、著者は「この趣旨に立てば、中内らの進める流通革命は、資本の論理に取り込まれていることになる。流通革命を実現するために、小売業が巨大になって、マニュアルに基づいたチェーンオペレーションを進める。そうした大量販売は、画一的な大量消費を前提にしており、消費者の本当の豊かさや幸福にはつながらない、という堤なりの異議申し立てだ」と述べるのでした。

 

七章「人間・堤清二」の冒頭で、著者は述べています。
「堤ほど毀誉褒貶の激しい経営者は、なかなかいない。
1960年代から若き異才の詩人経営者として注目を集めた。全盛期の1970年代から1980年代は、『セゾン文化』の主宰者として存在感を高め、時代を代表する経営者の1人となった。一方、堤の影の部分とされる複雑な家族関係や、父や異母弟との確執も、常に取り沙汰されてきた。1990年代にバブル経済が崩壊すると、飽くなき拡大戦略の末に、セゾングループを崩壊させたオーナー経営者として、世論の批判を一身に浴びることになった。堤に対する世の中の視線は交錯したまま、実像が定まらない。これは、堤がいかに多面性を持った人物かということの証左でもある」

 

一節「『お坊ちゃん』が学んだ大衆視点」では、「後天的に身につけた大衆に寄り添う目」として、清二の次男・堤たか雄が打ち明けた以下の思い出話を紹介します。
「唯一、父に怒られた記憶があるのが、小学生くらいの頃、父の運転手がいらして、私が『だって運転手なんだからいいじゃない』と言った時のことです。父は怒鳴るというよりも、理づめで私が泣くまで聞いてきました。『なんで運転手はダメなんですか』『あなたと運転手さんはどう違うんですか』『どういう点であなたが偉くて、運転手は偉くないんですか』と。『それは最もくだらない人間の考え方だ』というようなことを言われました」
「父はもともと社会主義者ですから、『つまらない人間』という表現はよく聞きました。つまらない男だとか、つまらない女だとか。そう思われるようなことをすると、本当に怒られましたね」

 

また、「人間が労働の主人公に」として、著者は述べます。
「仕事の場で人間を中心に考えるというテーマも、労働力が希少資源となった現代ならば、もっと自然に世の中に受け入れられたはずだ。AI(人工知能)の進化によって、人間が担うべき仕事は何かが改めて問われている。AIによって人間は幸福になれるのか。技術の進歩によって、働く人々は排除されてしまうのか。それとも、より人間的な仕事に集中できるようになるのか。こんな問いが真剣に議論されるようになった現代にこそ、堤の発想は改めて重要な意味を持ってくる」

 

続けて、「その分水嶺は結局、経営者がどんな理念を持つかということにかかっている」として、著者は「堤が伝えようとしたのは、そんなメッセージではないだろうか。現在は、政府が音頭を執る『働き方改革』の文脈の中で、どんな会社も、働き手を大切にする方針を打ち出さざるを得ないムードになっている。だが堤の理念を引き継ぐ者は、そうしたムードによって動かされるのではなく、自らの信念によって、ほかの会社とは違う踏み込んだ施策を打ち出している」と述べます。

 

二節「避けられなかった『裸の王様』」として、著者は堤清二の経営者としての人生について以下のように述べます。
「最初は望んで入ったわけではなかった小売業だが、堤はそこを足場にして、『生活総合産業』の実現に向けて走り続けた。『真の豊かさとは何か』という問いと向き合い、事業を通じて答えを出そうとした。そんな堤のロマンが、ホテルやリゾート、金融など、新事業へ進出する原動力となった。だが事業の幅が広がるに伴い、セゾングループは風船のように膨らみ、最後には巨額の負債とともに崩壊した」

 

続けて、著者は以下のように述べるのでした。
「成功と失敗はコインの表と裏のような関係なのかもしれない。何かに急き立てられるかのように攻めの経営を続けなければ、たった一代で約200社、売上高4兆円以上というコングロマリットは誕生しなかった。1980年代までのセゾングループの成功は、堤という個性が成し遂げたものである。同様に、1990年代以降のグループ崩壊の最大の要因も、堤自身にあったのだろう」

 

三節「堤が遺したメッセージ」では、ともに流通業界の両雄としてライバル視されたダイエー創業者の中内㓛が「いまとてもつらい状況にあります。しかし、もう一度、何か一緒にやりましょう」という内容の手紙を堤に送ったことが紹介されます。2005年に他界する数年前のことで、堤の側近によると、毛筆で書かれた長文の手紙だったといいます。著者は「巨額負債と本業の不振から、ダイエーは1990年代後半、深刻な経営難に陥った。中内は失意の中、2000年に会長を退任、翌2001年には取締役からも退いた。『つらい状況』というのは、血のにじむ思いで築き上げた自分の城が崩れかけ、銀行から経営責任を追及される屈辱を指す」と述べています。

 

続いて、著者は「この頃、堤も似たような境遇にあった」として、こう述べています。
セゾングループの不動産会社の西洋環境開発が2000年に経営破綻した責任を取って、約100億円の私財を提供。グループの役職を退いた。2人の巨人はともに、流通業界で未踏のビジネスを切り開いた先駆者だ。年齢は堤が5歳下。ともに70歳を過ぎて、バブル崩壊後のグループ再建に苦闘した共通点もある。中内の手紙には、それでもまだ前に進もうという執念がにじみ出ている。かつてのライバルと手を携えて世の中に一矢報いたかったのだろうか。堤なら悔しい気持ちに共感してくれると思ったのだろうか」

 

堤清二について、著者は「実像が見えにくい、異能の経営者」として述べます。
「堤は決して、功成り名遂げた経営者ではない。一代でセゾンという巨大グループを築き上げた事実は揺るがないが、最後まで悪戦苦闘を続け、グループ解体に伴って何度も苦渋を味わった。それでも、堤が人間の真の豊かさとは何かを追求するために、セゾングループを土台に試行錯誤を続けた経験は貴重だ。新たなテクノロジーが次々に登場し、人々の描く理想のライフスタイルの形は揺らぎはじめている。私たちはこれから、一人ひとりが人間らしく生きることや豊かさの意味、幸福な人生とは何かということを、自分に問い、選択していかねばならない。その『解』を与えてくれるのは、国でも、経済でも、企業でもない。改めて自らに問いを投げかける時、堤が体を張って発したメッセージの数々が、私たちに大きなヒントを与えてくれるはずだ」
そして、著者は「一人の年寄りが死ぬことは、図書館が1つなくなるのと同じ」というアフリカのことわざを紹介します。

 

「あとがき」で、著者は以下のように述べます。
「企業経営では、世界的に新たな潮流が生まれている。これまでのように、ひたすら短期的な利益を追い求める姿勢を改め、事業を通じて社会にどんな価値を提供できるのかを重視しようとする考え方だ。『何のためにこの事業を展開するのか」「我々の会社は世の中に対してどんな価値を提供できるのか」。経営者には、単に経営の執行能力だけでなく、社会的な理念を持っているかどうかが問われはじめている。そう考えると、堤清二という人物の『今日性』が改めて鮮明に浮き彫りになる。『基本の論理』が力を増し続けている世の中に抗って、いかに『人間の論理』を打ち立てるかを、ライフワークとして考え抜いてきたのだから』」

 

また、著者は以下のようにも述べています。
「堤は理念がすべてに先行する経営者だった。リスクを冒して理想を追求した結果、多くの挫折を経験した。それでも、そんな堤の姿勢が事業を生み出すエネルギーとなり、日本人の消費生活の進化や文化の受容に、大きな役割を果たした。
現代、グローバル企業の経営者の多くが改めて『理念』や『思想』の重要性に気づきはじめている。それは、すべての価値観が揺らぐ世界では、強い理念こそが会社の軸となり、組織の求心力を生み出すからだ。高い給料だけでは、優秀な人材を集めることが難しくなっている」

 

続いて、著者は以下のように述べています。
「自分たちの事業が、社会にどんな価値をもたらすのか。誰を幸せにできるのか。こうしたメッセージを発信できない企業はこの先、消費者には選ばれなくなっていく。企業が掲げる理念やメッセージは、そのまま商品やサービスの個性としてもにじみ出し、ライバルが簡単にはまねできない強みとなる。日本の産業界に閉塞感が漂っているのは、もしかすると、このような個性を発する企業や経営者が減っているからかもしれない」

 

さらに、著者は以下のように述べています。
堤清二という経営者は、事業を構想するスケールが大きく、思考も深かった。そして、それと比例するように、経営者としての短所も多く持ち合わせていた。独創的なビジネスを構想する力に秀でていた一方で、既に出来上がったビジネスで安定した利益を得る力、つまり持続力には問題があった。セゾングループ各社に対して自由なアイデアを認めたため、ユニークな事業が多数生まれたが、半面、グループの統治はおろそかになった。極めて多面的で矛盾を抱えていた堤は、成功に向かって突き進むよりも、破滅に至る宿命を内在させていたのかもしれない」

 

そして、著者は以下のように述べるのでした。
「人間は誰しも長所と短所を備えている。功と罪、あるいは光と影、その両方を包含したものが人格だ。その個性が時代に合うこともあれば、裏目に出て苦しむ場合もある。バブル崩壊によってセゾングループは経営に行きづまり、解体に至ったことは紛れもない事実である。堤の支払った代償は大きかった。一方で、堤は日本社会の新たな地平を切り拓き、ほかの誰とも違う形で産業史に名を刻んだ。堤が生涯をかけて発したメッセージは、新しい生き方を模索する私たちの背中を押してくれるはずだ。歴史を振り返る意味が、そこにある」            

f:id:shins2m:20190215105143j:plain両雄の志を見直す

 

ブログ『闘う商人 中内㓛』で紹介した本を読んだときもそうでしたが、本書を読んだわたしは、深い感慨にとらわれました。わたしは、『孔子とドラッカー新装版』(三五館)の「志」の項で中内氏と堤清二氏の2人について書き、「かつて、ダイエーとセゾンという企業集団があり、それぞれが日本人のライフスタイルをトータルにプロデュースする総合生活産業をめざしていました。ありとあらゆる業種に進出し続け、大きな話題を提供したが、結果はご存知の通りです。両者ともバブルの象徴とされています。しかし、わたしはダイエーとセゾンのすべてが間違っていたとは決して思いません」と述べました。

f:id:shins2m:20190205171459j:plain孔子とドラッカー新装版』(三五館) 

 

ダイエーとセゾンについては、ブログ「総合生活産業の夢」にも書きました。「日本の物価を2分の1にする」と宣言して流通革命を推進した中内氏。常に経済と文化のリンクを意識し、社会の中における美しい企業のあり方を追求した堤清二氏。両氏の心の中には「日本人を豊かにする」という強い想いがあったはずですし、それはやはり「志」と呼ぶべきものではないでしょうか。志なくして、両氏ともあれだけの大事業を短期間に成し遂げることは絶対に不可能であったし、逆にその志が大きくなりすぎた企業集団から乖離したときに凋落ははじまったのではないかと思います。ダイエーとセゾンは確実に日本人の生活を変えました。二人とも日本の経営史に名を残す巨人であることは間違いありません。栄枯盛衰が世の法則ですが、最終的な評価は歴史が下すのです。 

 

特に、経営と執筆活動を両立しておられた堤清二の存在は、わたしの人生に多大な影響を与えて下さいました。その意味で、堤氏はわたしの恩人であると思っています。学生の頃、最も憧れた経営者は堤氏でしたし、わたしは「経営者でも本を書いていいんだ」ということを知りました。「二束の草鞋」を嫌う日本社会の中で、一時の堤氏の大活躍は歴史に残るものであると確信します。そして、堤氏の執筆活動を中心にした文化人としての感性が現実の経営の分野にフィードバックしていたことは間違いありません。まさに、堤清二氏こそは「文化」と「経済」をつなげた人であり、「未来」をしっかりと見ていた経営者でした。

 

セゾン 堤清二が見た未来

セゾン 堤清二が見た未来

 

 

2019年2月15日 一条真也

バレンタインデー  

一条真也です。
ハッピー・バレンタイン!
2月14日はバレンタインデーです。
例年と同じく、妻が朝一番で手作りのチョコレート&クッキーをくれました。わたしたち夫婦は今年で結婚30周年になりますが、もう30年以上もずっと2月14日には手作りのチョコを贈ってくれます。口では言いませんが、心から感謝しています。

f:id:shins2m:20190214091911j:plain
妻がくれた手作りチョコ

 

今年も、会社のみなさんや愛読者の方々からたくさんのチョコを頂戴しました。いつもバレンタインデーのときは出張していることが多かったのですが、今回も大分の別府に出張です。サンレー本社の女子社員のみなさんからは「日頃の感謝を込めて」とか、読者の方からは「執筆の合間にチョコっと召し上がってください」などと直筆で書かれたカードが添えられていました。本当に、ありがたいことです。

f:id:shins2m:20190214133353j:plainみなさんから頂いたチョコの一部

 

クリスマスと同じように、戦後の日本の中で定着した欧米由来の年中行事の1つがバレンタインデーです。バレンタインというのは3世紀に実在した司祭の名前で、彼が殺された日が2月14日でした。なぜ求愛の儀式になったかというと、戦争に出兵する兵士たちの結婚を禁止した当時の皇帝の命令に背いて、結婚を許可したことで司祭が殺されたからです。もともとは求愛の儀式で欧米で定着したものでしたが、日本では女性から告白する、その際にチョコレートをプレゼントすることになっています。

f:id:shins2m:20190214151607j:plain
いつも、ありがとうございます!(涙)

 

このようにバレンタインデーが日本独自の儀式に変容したのは、拙著『決定版 年中行事入門』(PHP研究所)にも書きましたが、チョコレートメーカーと百貨店のセールスプロモーションがきっかけになったのは有名な話です。
その最初の仕掛け人としては、モロゾフ、メリーチョコレートカムパニー、森永製菓、伊勢丹ソニープラザなど諸説あるようです。今は求愛儀式というより、自分や友人に「ごほうび」を与える、そんな儀式に変わりつつあります。
それから、本日をもって、ブログを再開してから丸6年になります。本当に、早いものですね。みなさま、これからも、よろしくお願いいたします!

 

決定版 年中行事入門

決定版 年中行事入門

 

 

 2019年2月14日 一条真也

正当な利益を取るのは商人の道である(石田梅岩)

f:id:shins2m:20181019092535j:plain

 

一条真也です。
今回の名言は、石門心学を開いた石田梅岩の言葉です。
梅岩は商人道徳を確立した人物として知られており、「正当な利益を取るのは商人の道である。利益を取らないのは商人の道ではない」という言葉を残しています。

 

石田梅岩のことば (サムライスピリット 4)

石田梅岩のことば (サムライスピリット 4)

 

利と義、つまり経済と道徳というものは両立する、と多くの先人たちが訴えてきました。アリストテレスは「すべての商業は罪悪である」と言ったそうですが、商行為を詐欺の一種と見なすのは、古今東西を問わず、はるかに遠い昔からつい最近まで、あらゆるところに連綿と続いてきた考えだったのです。しかし、かの『国富論』の著者であり、近代経済学の生みの親でもあるアダム・スミスは、道徳と経済の一致を信じていました。

 

「神の見えざる手」というスミスの言葉はあまりにも有名ですが、彼は経済学者になる以前は道徳哲学者であり、『道徳感情論』という主著まであります。『論語』や『孟子』の西洋版をめざして書いたかのようなこの本を、スミス自身は世界的ベストセラーとなった『国富論』よりも重要視し、死の直前まで何度も改訂増補を加えました。彼は、道徳と経済は両立すべきものであると死ぬまで信じ続けていたのです。

 

都鄙問答 (岩波文庫 青 11-1)

都鄙問答 (岩波文庫 青 11-1)

 

日本では、江戸時代に石田梅岩が現れて、「石門心学」を開きました。その集大成というべき主著『都鄙問答』には、ある人が「商人には貪欲の者が多く、利を貪ることを生業とする、これは詐欺にあらずや」と質問し、梅岩が答える場面が出てきます。梅岩は言います。商売の利益は、武士の俸禄に等しく、正当な利を得るのが商人の道である。これを詐欺というなら売買はできず、買う人は物に事欠いて、売る人は生活していけない。もし商人がみな農工を業とするなら、金銭を流通させる者がいなくなり、世の人々はみな困ってしまう。

 

士農工商の四民、いずれが欠けても、天下というものは成り立たない。商人の売買は天下のためなのだ。商人の利益は武士の俸禄、工人の作料、農民の年貢米を納めた残りの取り分とまったく変わらない。それをあなたは、売買の利ばかりを、欲心にて道なしと言い、商人を憎んで断絶しようとしている。なぜ、商人ばかりを賤しみ嫌うのか。

 

日本においても中国においても、売買において利を得るのは、天下の定法である。定法の利を得て職分に努めれば、自然と社会の役に立つのである。それなのに、武士の士農工の収入については何も言わず、商人が収入を得るのを欲心と言い、道を知らない者というのはいかなることか。石門心学の教えは、商人には商人の道があることを教えるものである。

 

このように、現代から見ても梅岩の主張は見事なほどに正論です。そして、当時ではきわめて革新的な「利」の哲学でした。なお、今回の石田梅岩の名言は、『孔子とドラッカー新装版』(三五館)にも登場します。

 

 

2019年2月14日 一条真也

洗身会

一条真也です。
競泳女子の池江璃花子選手がツイッター白血病と診断されたことを公表したのには驚きました。現在の彼女の心中を推察すると、たまりません。日本中が彼女のことを応援していると思いますので、まずは治療に専念してほしいですね。12日の夜、小倉ロータリークラブの「洗身会」に参加しました。

f:id:shins2m:20190212182110j:plain
門司港の名店「あお木」の前で

 

同クラブの懇親会は、なぜか真夏に鰻を、真冬にフグを食べることになっています。今は真冬なので、フグの名店で知られる門司港の「あお木」にメンバーが集いました。過去最大の33名が集結し、ギュウギュウのすし詰め状態でした。

f:id:shins2m:20190212184225j:plain絵皿に盛られたフグ刺し

f:id:shins2m:20190212191255j:plain
フグの白子焼き

f:id:shins2m:20190212194055j:plain
フグの唐揚げ

f:id:shins2m:20190212195419j:plainフグのひれ酒

 

ビールで乾杯の後、懇親会が盛大にスタートしました。ビールで喉を潤した後は、フグのひれ酒、メンバーが持ち込んだ各種の日本酒や焼酎を飲みました。料理は突出しのふぐ皮ポン酢から、大きな絵皿に盛られたフグ刺し、茶碗蒸し、フグの白子焼き(映画「おくりびと」で山崎努がうまそうに食べていたやつ)、フグの唐揚げ、フグちり鍋、雑炊、最後にはフグの握り寿司まで出て、満足のゆくコースでした。とても美味しかったです。

f:id:shins2m:20190212202150j:plain
フグちり

f:id:shins2m:20190212210828j:plain
フグ雑炊

f:id:shins2m:20190212202656j:plain
フグのにぎり寿司


じつは、わが松柏園のフグ料理も好評をいただいております。小倉ロータリークラブのみなさんにも御贔屓にしていただいているのですが、「あお木」のフグは本当に美味しかったです。今回も満足するとともに、勉強になりました。
f:id:shins2m:20190212195042j:plain
今回も勉強になりました

 

この日の座席は湖月堂の本村社長、九銀不動産鑑定所の二村所長らと一緒のテーブルで、わたしたちは「卑弥呼の墓」ではないかと噂されている田川の赤村にある前方後円墳のような地形の話題などで盛り上がりました。もちろん美味しい料理やお酒もですが、加えて素晴らしい方々との会話があって、初めて有意義な夜が生まれます。
この日は某新聞社の代表も参加されており、その新聞へのわたしの連載も決定して、とても有意義かつ楽しい夜となりました。

 

2018年2月13日 一条真也

「アクアマン」

一条真也です。ブログ「ファースト・マン」で紹介した映画に続いて、映画「アクアマン」を観ました。わたしは「アベンジャーズ」とか「ジャスティス・リーグ」のようなオールスター総登場のヒーロー映画は好きですが、単独のヒーロー映画は基本的に観ません。でも、この映画は知人からの薦めで観ました。理屈抜きで面白いエンターテインメント大作でした。敵役の「ブラックマンタ」などは、ちょっと平成版「仮面ライダー」にでも出てきそうな感じでしたが・・・・・・(苦笑)。

 

ヤフー映画の「解説」には、こう書かれています。
「海洋生物と意思の疎通ができるヒーロー・アクアマンが主人公のアクション。人類存亡の危機に立ち向かうアクアマンの活躍が描かれる。監督は『ソウ』『インシディアス』『死霊館』シリーズなどに携ってきたジェームズ・ワン。『ジャスティス・リーグ』でアクアマンを演じたジェイソン・モモアが続投し、『ラム・ダイアリー』などのアンバー・ハード、『めぐりあう時間たち』などのニコール・キッドマンらが共演する」

f:id:shins2m:20190210225733j:plain

 

ヤフー映画の「あらすじ」は、こうです。
「海底王国アトランティスの末裔であるアクアマン(ジェイソン・モモア)は、人間として育てられた。ある日、彼はアトランティスが人類の支配を目的とした侵略を始めたことを知る。人類の想像をはるかに超える文明を持つアトランティスの強大さを知る彼は、海を守るべきか地上を守るべきかの選択を迫られる」


わたしは「アクアマン」という名をブログ「ジャスティス・リーグ」で紹介した映画で初めて知りました。「ジャスティス・リーグ」とは、DCコミック(ディーシー コミックス、DC Comics)の刊行するアメリカン・コミックスに登場する架空のスーパーヒーローチームです。DCコミックスはアメリカの漫画出版社で、マーベル・コミックと並ぶ二大アメコミ出版社のひとつです。「ジャスティス・リーグ」は人気ヒーローの競演が特徴であり、オールスターチームでもあります。名前は、結成当時に人気のあったメジャーリーグナショナルリーグアメリカンリーグ)から「ジャスティス・リーグ」と付けられました。

 

Wikipedia「ジャスティス・リーグ」の「概要」によれば、ジャスティス・リーグ創立メンバーは、以下の7人とされます。映画「ジャスティス・リーグ」にはマーシャン・マンハンターと2代目グリーンランタンが入っておらず、代わりにサイボーグが入っていますね。

マーシャン・マンハンター

本名、ジョン・ジョーンズ。火星人で、怪力、飛行、透明化、すり抜け(壁などを貫通する)、テレパシー、変身など、多彩な能力を持つ。弱点は火。

●2代目フラッシュ

超高速で行動できる「スピードスター」と呼ばれるタイプのヒーロー。

本名、バリー・アレン。後に戦死。

●2代目グリーンランタン

パワーリングのエネルギーを自在に操るヒーロー。本名、ハル・ジョーダン

●アクアマン

地上での名はアーサー・カリー、本名はオリン。海底国家アトランティスの王。水陸両棲の海底人で、地上人よりもタフでパワーもある。

ワンダーウーマン

アマゾン族の王女、ダイアナ・プリンス。怪力・飛行などの能力を有する。

●スーパーマン

普段の姿は、新聞記者クラーク・ケント
クリプトン星の生まれで地球育ち。怪力、飛行能力、目から放つ熱線やX線が特徴で、DCコミック最強のヒーロー。弱点はクリプトナイト

バットマン

大富豪ブルース・ウェインの隠された姿。
闇の騎士、世界最高の探偵などと呼ばれる。スーパーパワーは持っていないが、極限まで鍛え抜かれた体力・知力を武器とする。

 

さて、アクアマンですが、Wikipedia「アクアマン」の「人物」には、「アトランティス人としての名前はオリン、地上での名前はアーサー・カリー。地上名は養父の名前を頂いたものである。特殊能力は、水陸両棲・テレパシーの他に、時速160キロで泳ぎ、怪力と耐久力に秀でている。また、音波による探査能力も有している。性格は短気」「アトランナ女王と魔術師アトランの間に誕生したオリンは、水棲生物とテレパシーで意思の疎通ができたが、それゆえに産まれてすぐに追放されてしまう。ポームというイルカに育てられた後、灯台守の地上人アーサー・カリーに拾われて地上人の言葉や文化を習った」と書かれています。

 

元来、アクアマンはアトランナ女王と魔術師アトランの間に誕生し、灯台守の地上人アーサー・カリーに拾われたことになっていますが、この映画ではアトランナ女王と灯台守の間に生まれた子という設定に変更されています。
映画評論家の牛津厚信氏も指摘していますが、映画「アクアマン」は出だしが見事です。シガー・ロスの楽曲に乗せて、灯台守と海底人との出会い。育まれる愛。そして新たな生命の誕生などがテンポ良く描かれています。わたしの好きなニコール・キッドマンがアトランナ女王に扮したのも嬉しかったです。

 

 「アクアマン」では、アトランティス帝国の王の座をめぐって兄と弟が闘います。拙著『孔子とドラッカー新装版』(三五館)の「悌」の項にも書きましたが、 世の中には仲が悪く、対立している兄弟は多いです。
しかし、もともとは同じ親から生まれているのですから、力を合わせればこんなに心強い味方はいません。
わたしには弟が1人います。兄と違ってきわめて優秀な弟で、現役で合格した東大法学部を卒業した後は、大手の都市銀行に入って働いていました。現在は同じ会社にいます。年齢が6歳も離れていることもあり、子どもの頃からほとんど喧嘩はしませんでしたが、性格は同じ両親の子とは思えないほど正反対です。

f:id:shins2m:20190205171459j:plain孔子とドラッカー新装版』(三五館) 

 

よく、同じ会社に兄弟がいるのは良くないという人がいます。必ず対立して、会社がおかしくなり、結果として社員を不幸にしてしまうというのです。なるほど、それを実証するような事例はいくらでもあります。特に日本人は、古くは源頼朝義経から、最近の若貴まで、とにかく兄弟を対立構造で見るのが好きです。
 しかし、わたしは非常に弟を頼りにしています。
わたしが広告代理店出身で企画・営業向きだとしたら、銀行出身の弟は財務・管理向きで、それぞれの足らない部分をうまく補い合っていると思っています。でも、わたしのほうが助けられることが圧倒的に多いです。自分には過ぎた弟だと思っており、いつまでも一緒に仕事ができたらいいと心から願っています。

 

さて、映画の中のアクアマンは人間と水棲人との間に生まれた存在です。人間と水棲人との恋といえば、ブログ「シェイプ・オブ・ウォーター」で紹介した映画が思い浮かびます。1962年、米ソ冷戦時代のアメリカで、政府の極秘研究所の清掃員として働く孤独なイライザ(サリー・ホーキンス)は、同僚のゼルダオクタヴィア・スペンサー)と共に秘密の実験を目撃します。アマゾンで崇められていたという、人間ではない“彼”の特異な姿に心惹かれた彼女は、こっそり“彼”に会いにいくようになります。ところが“彼”は、もうすぐ実験の犠牲になることが決まっており、イライザは救おうとするのでした。映画「シェイプ・オブ・ウォーター」には、“彼”とイライザとの種族を越えた愛が描かれています。

涙は世界で一番小さな海』(三五館)

 

わたしは、「アクアマン」を観ながら、拙著『涙は世界で一番小さな海』(三五館)の内容を思い出していました。
「童話の王様」と呼ばれたアンデルセンは、涙は「世界でいちばん小さな海」だといいました。「アクアマン」の中で、ニコール・キッドマン演じるアトランナ女王が「海中では涙は洗い流される」と言うと、灯台守が「地上では涙は頬をつたう」というシーンがあります。そして、わたしたちは、自分で小さな海をつくることができます。その小さな海は大きな海につながって、人類の心も深海でつながります。たとえ人類が、宗教や民族や国家によって、その心を分断されていても、いつかは深海において混ざり合うのです。

 

まさに、その深海からアンデルセンの人魚姫はやって来ました。人類の心のもっとも深いところから人魚姫はやって来ました。彼女は、人間の王子と結ばれたいと願いますが、その願いはかなわず、水の泡となって消えます。孤独な「人魚姫」のイメージは、サン=テグジュペリの「星の王子さま」へと変わっていきました。
王子さまは、いろんな星をめぐりましたが、だれとも友だちになることはできませんでした。でも、本当は王子さまは友だちがほしかったのです。7番目にやって来た地球で出会った「ぼく」と友だちになりたかったのです。
星の王子さまとは何か。それは、異星人です。
人間ではありません。人魚も人間ではありません。人間ではない彼らは一生懸命に人間と交わり、分かり合おうとしました。人間とのあいだにゆたかな関係を築こうとしたのです。それなのに、人間が人間と仲良くできなくてどうするのか。戦争などして、どうするのか。殺し合って、どうするのか。わたしは、心からそう思います。

 

涙は世界で一番小さな海』では、アンデルセンの『人魚姫』『マッチ売りの少女』、メーテルリンクの『青い鳥』、宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』、サン=テグジュペリの『星の王子様』を取り上げ、それらのハートフル・ファンタジーがじつは繋がった1つの物語であることを説きました。アンデルセンメーテルリンク宮沢賢治、サン=テグジュぺリ・・・・ハートフル・ファンタジー作家たちは「死」や「死後」や「再会」を描いて、わたしたちの心の不安をやさしく溶かしてくれます。それと同時に、生きているときに良い人間関係をつくることの大切さを説いていると思います。
そして、究極の人間関係が「夫婦」ではないかと、わたしは思います。同じ日に鑑賞した「ファースト・マン」も、この「アクアマン」も、ラストシーンでは、夫婦の感動的な再会が描かれていました。「夫婦が一緒にいることこそ、最高の幸福」であると、今年の5月20日で結婚30周年を迎えるわたしは思うのでした。

 

2019年2月12日 一条真也

「ファースト・マン」 

一条真也です。
11日は「建国記念の日」でしたが、チャチャタウン小倉内のシネプレックス小倉で「マン」のつく映画を2本続けて観ました。「ファースト・マン」と「アクアマン」です。先に観た「ファースト・マン」は、1969年、アポロ11号で人類初の月面踏査をなしたアストロノーツの1人であるニール・アームストロングの偉業に迫る伝記ドラマです。

 

ヤフー映画の「解説」には、書かれています。
「『ラ・ラ・ランド』のデイミアン・チャゼル監督とライアン・ゴズリングが再び組んだ伝記ドラマ。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の船長ニール・アームストロングの人生を描く。ジェイムズ・R・ハンセンの著書を『スポットライト 世紀のスクープ』などのジョシュ・シンガーが脚色した。共演は『蜘蛛の巣を払う女』などのクレア・フォイ、『ゼロ・ダーク・サーティ』のジェイソン・クラークカイル・チャンドラーら」 

f:id:shins2m:20190210225647j:plain

 

ヤフー映画の「あらすじ」は、こうです。
「幼い娘を亡くした空軍のテストパイロット、ニール・アームストロングライアン・ゴズリング)は、NASAの宇宙飛行士に応募し、選抜される。彼は家族と一緒にヒューストンに移り住み、有人宇宙センターで訓練を受ける。指揮官のディーク・スレイトン(カイル・チャンドラー)は、当時の宇宙計画において圧倒的優位にあったソ連も成し得ていない月への着陸を目指すと宣言する」

 

この映画の主人公であるニール・オールデン・アームストロング(Neil Alden Armstrong,1930年8月5日―2012年8月25日)は、人類で初めて月面に降り立った宇宙飛行士として知られています。最初の宇宙飛行は1966年のジェミニ8号で、ニールは機長を務め、デヴィッド・スコット操縦士とともにアジェナ標的機とアメリカ初の有人宇宙船でのドッキングを行ないました。ランデブーとドッキングは打ち上げから6時間半後に予定どおり行なわれましたが、その当時は宇宙船の軌道のすべてを網羅するような無線中継基地はまだ作られていなかったために、途中で通信が途絶えてしまいました。

 

その中絶している時間中に宇宙船はとつぜん予期せぬ回転運動をし始め、ニールは軌道姿勢制御システム(OAMS)を使って何とか機体回転を停止させようと試み、地上の管制官のアドバイスに従ってアジェナを切り離しました。しかし不規則な運動はますます激しくなるばかりで、ついに1秒間に1回転するまでになってしまったのです。原因はジェミニ自体の姿勢制御システムにありました。ニールは残された最後の手段として大気圏再突入システム(RCS)を作動させ、OAMSのスイッチを切って、なんとか一命を取りとめたのでした。

 

アームストロングの二回目の宇宙飛行は、1969年7月16日に打ち上げられたアポロ11号で、この時も機長を務め、バズ・オルドリン飛行士とともに2時間30分にわたって月面を探索しました。スクリーンに何度も映し出された月面は、一言でいうと、まさに砂漠でした。加藤まさを作詞の「月の砂漠」は、わたしの大好きな童謡です。でも、実際の月は砂漠そのものだったわけです。映画で月面の様子をながめながら、「童謡に月の砂漠の歌あれど 飛行士いはく月は砂漠よ」という短歌が浮かびました。

 

それにしても、生身の人間が月に行くことのリスクとストレスは想像を絶するものだと思います。「一人の人間には小さな一歩だが、人類にとっては大きな飛躍だ」という有名なアームストロングの台詞のように、人類が月に降り立ったことは一大イベントでした。すべては、1961年5月25日にケネディ大統領が「わが国は、60年代が終わる前に、人類を月へ送り、地球に無事帰還させる」と宣言したことが始まりでした。そして、1969年7月16日に打ち上げられたアポロ11号がついにその大いなる夢を果たしました。映画からも、その当時の熱狂ぶりがひしひしと伝わってきますが、ヨーロッパの人々もアジアの人々も世界中の誰もが、アポロの月面着陸を「アメリカの偉業」とは呼ばずに「わたしたち(人類)の偉業」と呼んだことが印象的でした。

f:id:shins2m:20190205171459j:plain孔子とドラッカー新装版』(三五館) 

 

わたしも、アポロの月面着陸は人類の偉業であると心から思っています。そして、「夢とは、かなうものだ」というメッセージをこれほど明確に示した事件はなかったように思います。拙著『孔子とドラッカー新装版』(三五館)にも書きましたが、人間が生きていくうえで、夢はとても大事なものです。そして、夢というのは必ず実現できるものであると思います。偉大な夢の前に、これまで数多くの「不可能」が姿を消してきました。

 

最初の飛行機が飛ぶ以前に生まれた人で、現在でも生きている人がいます。彼らの何人かは空気より重い物体の飛行は科学的に不可能であると聞かされ、この不可能を証明する多くの技術的説明書が書かれたものを読んだことでしょう。これらの説明を行った科学者の名前はすっかり忘れてしまいました。しかし、あの勇気あるライト兄弟の名前はみな覚えています。ライト兄弟の夢が人類に空を飛ばせたのです。

 

宇宙旅行もこれと同じです。地球の重力圏から脱出することなど絶対に不可能だとされていました。すなわち、学識のある教授たちが、1959年にスプートニク1号が軌道に乗る1年ほど前までは、こんなことは問題外だと断言し続けてきました。その4年後の61年には、ソ連ガガーリンの乗った人間衛星船ヴォストーク1号を打ち上げ、人類最初の宇宙旅行に成功しました。

 

さらに69年にはアポロ11号のアームストロングとオルドリンが初めて月面に着陸。ここに古来あらゆる民族が夢に見続け、シラノ・ド・ヴェルジュラック、ヴェルヌ、ウェルズといったSF作家たちがその実現方法を提案してきた月世界旅行は、ドラマティックに実現したのです。気の遠くなるほど長いあいだ夢に見た結果、人類はついに月に立ちました。そして、そのとき、多くの人々は悟ったはずです。月に立つことは、単なるアメリカの「夢」などではなく、人間の精神の可能性、こころの未来を拓くという人類の「志」であったのだという事実を。

 

さて、この「ファースト・マン」という映画を観て、わたしが最も興味深かったのは、アームストロングが愛娘を亡くし、その深い悲嘆を癒す過程の中でアポロ11号計画に参加したという事実でした。娘を亡くした後の彼が、夜の自宅の庭で双眼鏡で月を眺めるシーンがありました。それは、あまりにも哀愁に満ちた切ないシーンでしたが、わたしは、「もしかすると、アームストロングは亡き愛娘との再会のために月に向かったのかもしれない」と思いました。


ロマンティック・デス〜月を見よ、死を想え』(幻冬舎

 

拙著『ロマンティック・デス〜月を見よ、死を想え』(幻冬舎文庫)にも書きましたが、世界中の古代人たちは、人間が自然の一部であり、かつ宇宙の一部であるという感覚とともに生きていました。そして、死後への幸福なロマンを持っていました。その象徴が月です。彼らは、月を死後の魂のおもむくところと考えました。月は、魂の再生の中継点と考えられてきたのです。多くの民族の神話と儀礼において、月は死、もしくは魂の再生と関わっています。規則的に満ち欠けを繰り返す月が、死と再生のシンボルとされたことはきわめて自然だと言えるでしょう。

 

人類において普遍的な信仰といえば、何といっても、太陽信仰と月信仰のふたつです。太陽は、いつも丸い。永遠に同じ丸いものです。それに対して月も丸いけれども、満ちて欠けます。この満ち欠け、時間の経過とともに変わる月というものは、人間の魂のシンボルとされました。つまり、絶対に変わらない神の世界の生命が太陽をシンボルとすれば、人間の生命は月をシンボルとします。人の心は刻々と変化変転します。人の生死もサイクル状に繰り返します。死んで、またよみがえってという、死と再生を繰り返す人間の生命のイメージに月はぴったりなのです。地球上から見るかぎり、月はつねに死に、そしてよみがえる変幻してやまぬ星です。また、潮の満ち引きによって、月は人間の生死をコントロールしているとされています。さらには、月面に降り立った宇宙飛行士の多くは、月面で神の実在を感じたと報告しています。月こそ神のすみかであり、天国や極楽そのもののイメージとも重なります。

 

「葬式仏教」という言葉があるくらい、日本人の葬儀や墓、そして死と仏教との関わりは深く、今や切っても切り離せませんが、月と仏教の関係も非常に深いのです。お釈迦さまことブッダは満月の夜に生まれ、満月の夜に悟りを開き、満月の夜に亡くなったそうです。ブッダは、月の光に影響を受けやすかったのでしょう。言い換えれば、月光の放つ気にとても敏感だったのです。わたしは、やわらかな月の光を見ていると、それがまるで「慈悲」そのものではないかと思うことがあります。ブッダとは「めざめた者」という意味ですが、めざめた者には月の重要性がよくわかっていたはずです。「悟り」や「解脱」や「死」とは、重力からの解放に他ならず、それは宇宙飛行士たちが「コズミック・センス」や「スピリチュアル・ワンネス」を感じた宇宙体験にも通じます。

f:id:shins2m:20190211205812j:plain唯葬論~なぜ人間は死者を想うのか』(サンガ文庫)

 

映画「ファースト・マン」では、アームストロングの幼い娘だけでなく、多くの人々が死んでいきます。アームストロングの宇宙飛行士仲間たちも多くが事故で命を落とし、そのたびに彼は妻とともに葬儀に参列するさまが描かれていました。アポロ11号が人類最初の月面着陸に成功するまでに、いかに多くの人命が犠牲になったのかを考えると辛いですが、わたしはアームストロングが月に向かったのは死者たちの供養のためでもあったと思います。先程、月が死者たちの魂がおもむくところという説を紹介しましたが、拙著『唯葬論~なぜ人間は死者を想うのか』(サンガ文庫)でも述べたように、わたしは人類の文明も文化も、その発展の根底には「死者への想い」があったと考えています。人類は死者への愛や恐れを表現し、喪失感を癒すべく、宗教を生み出し、芸術作品をつくり、科学を発展させ、さまざまな発明を行ってきました。つまり「死」ではなく「葬」こそ、われわれの営為のおおもとなのです。わたしは同書で「唯葬論」という考え方を提唱しました。アポロ11号の偉業そのものが大いなる「葬」であったと思います。アームストロングが月面に初めて降り立ったとき、その傍らには多くの死者がいたのではないでしょうか。

 

最後に、「ファースト・マン」という映画は宇宙映画であるとともに夫婦映画でもありました。愛する娘を亡くしたアームストロング夫妻のグリーフケアの物語でした。ジェミニ計画のトラブルでアームストロングの安否が不明のとき、NASAの管理スタッフを叱責するアームストロングの妻ジャネット(クレア・フォイ)の迫力には圧倒されましたし、アポロ11号計画に参加する直前、巨大な不安から意味のない荷造りを繰り返す夫に対して、「『息子たちに、生きて帰れないかもしれない』とはっきり自分の口から言ってほしい」「そのときの心構えを父親として伝えてほしい」とジェネットが懇願する場面には胸を打たれました。そして最後に、無事に宇宙から地球に帰還した夫妻の静かな対面シーンには深く感動しました。

結魂論〜なぜ人は結婚するのか』(成甲書房)

 

拙著『結魂論〜なぜ人は結婚するのか』(成甲書房)にも書きましたが、結婚ほど驚くべきものはありません。「浜の真砂」という言葉があるように、無数ともいえる結婚可能な異性の中からたった1人と結ばれるとは、何たる縁か!
無限なる「時間」の縦糸と、無限なる「空間」の横糸が織りなす「縁」という摩訶不思議なタペストリーの上で、2人は出会って結婚した。この世に奇跡があるなら、これ以上の奇跡があるでしょうか。アポロ11号の月面着陸も偉業ですが、すべての結婚も偉業であると思います。現在の地球上に限定してみても、60億人のなかの1人と、別のもう1人が、はじめから2人しかいなかったかのように結ばれること。この奇跡をそのまま驚き、素直に喜び、心から感謝することが大事ではないか・・・・・・今年の5月20日で、結婚30周年を迎えるわたしは、「ファースト・マン」のラストシーンを観ながら、そんなことを考えていました。

 

2019年2月11日 一条真也