一条賞(読書篇)発表!

一条真也です。
わたしは日々、多くの本を読んでいます。
その感想は当ブログ、および「一条真也の読書館」で発表しています。ここ数年、「一条賞(読書篇)」と称してベストテン・ランキングを作成していたのですが、2018年からみなさまにもお知らせすることにしました。「一条賞(読書篇)」の選考対象となるのは、刊行年やジャンルに関わらず、今年(2020年)に読んだすべての本です。今年は人生初体験の「緊急事態宣言」をはじめとしたコロナ禍で外出する機会が減り、本がたくさん読めました。
それでは、第10位から発表していきましょう!

 ●第10位

猪木力: 不滅の闘魂

猪木力:不滅の闘魂

アントニオ猪木著(河出書房新社

詳しい書評は、こちらをクリックして下さい

 

●9位

沢村忠に真空を飛ばせた男―昭和のプロモーター・野口修 評伝―

沢村忠に真空を飛ばせた男

細田昌志著(新潮社)

詳しい書評は、こちらをクリックして下さい

 

●第8位 

龍彦親王航海記:澁澤龍彦伝

龍彦親王航海記

磯崎純一著(白水社

詳しい書評は、こちらをクリックして下さい

 

●第7位 

シンクロニシティ: 願望が実現する「偶然」のパワー

シンクロニシティ

秋山眞人著(河出書房新社

詳しい書評は、こちらをクリックして下さい

 

●第6位 

奇書の世界史 歴史を動かす“ヤバい書物”の物語

奇書の世界史

三崎律日著(KADOKAWA)

詳しい書評は、こちらをクリックして下さい

 

●第5位 

FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

 FACTFULNESS』 

ハンス・ロスリング&
アンナ・ロスリング・ロンランド著

上杉周作&関美和訳(日経BP)

 *詳しい書評は、こちらをクリックして下さい

 

●第4位

21 Lessons 21世紀の人類のための21の思考

 21 Lessons』 

ユヴァル・ノア・ハラリ著
柴田裕之訳(河出書房新社

詳しい書評は、こちらをクリックして下さい

 

●第3位 

パンデミック 世界をゆるがした新型コロナウイルス (ele-king books)

パンデミック

スラヴォイ・ジジェク
斎藤幸平監修・中林敦子訳
(Pヴァイン)

詳しい書評は、こちらをクリックして下さい

 

●第2位

コロナの時代の僕ら

コロナの時代の僕ら

パオロ・ジョルダーノ著
飯田亮介訳(早川書房

詳しい書評は、こちらをクリックして下さい

 

●第1位(大賞

f:id:shins2m:20201201224803j:plain

鬼滅の刃』全23巻

吾峠呼世晴作(集英社

1~22巻詳しい書評は、こちらをクリック。
最終巻詳しい書評は、こちらをクリック。

 

あらゆる本が面白く読める方法

あらゆる本が面白く読める方法

 

 

あらゆる本が面白く読める方法』(三五館)の著者であるわたしの場合、本来、読んだ本にランキングをつけるという行為はふさわしくないのかもしれません。しかし、出版文化のためにも「本当に面白かった本」「感動した本」「時代を的確にとらえている本」「後世に残したい本」などは明確に示す必要があると思います。自分でも、多くの人の方々の心に残り、人生に影響を与えるような本を書きたいものです。
ということで、今年の「一条賞(読書篇)」大賞は『鬼滅の刃』に決定しました。30日正午には「一条賞(映画篇)」を発表します。どうぞ、お楽しみに!

 

死を乗り越える読書ガイド 「おそれ」も「かなしみ」も消えていくブックガイド
 

 

2020年12月30日 一条真也