一条賞(映画篇)発表!

一条真也です。
わたしは日々、多くの映画を観ています。
その感想は当ブログ、および「一条真也の映画館」においてUPしています。ここ数年、「一条賞(映画篇)」と称してベストテン・ランキングを作成していたのですが、2018年からみなさまにもお知らせすることにしました。「一条賞(映画篇)」の選考対象となるのは、製作年やジャンルに関わらず、今年(2020年)に鑑賞したすべての映画です。ただし、DVD、ブルーレイ、ネットなどでの鑑賞は除外し、あくまでも映画館で鑑賞した作品に限ります。今年はコロナ禍で映画館に行く機会が激減しましたが、それでも52本の映画を劇場で観ました。
では、第10位から発表していきましょう! 

●第10位

f:id:shins2m:20201223163104j:plain

男と女 人生最良の日々 

 

詳しい映画評は、こちらをクリックして下さい

 

 ●第9位

f:id:shins2m:20201223163200j:plain

テネット 


詳しい映画評は、こちらをクリックして下さい

 

●第8位

f:id:shins2m:20201223163300j:plainパラサイト 半地下の家族  



詳しい映画評は、こちらをクリックして下さい

 

●第7位

f:id:shins2m:20201223163352j:plain

1917 命をかけた伝令 



詳しい映画評は、こちらをクリックして下さい

 

●第6位

f:id:shins2m:20201223163700j:plain

ワンダーウーマン 1984 



詳しい映画評は、こちらをクリックして下さい

 

●第5位

f:id:shins2m:20201223163759j:plain

三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実 



詳しい映画評は、こちらをクリックして下さい

 

●第4位f:id:shins2m:20201223163858j:plain

朝が来る


詳しい映画評は、こちらをクリックして下さい

 

●第3位

f:id:shins2m:20201223164439j:plain

ミッドナイトスワン 

 

詳しい映画評は、こちらをクリックして下さい

 

第2位

f:id:shins2m:20201223164627j:plain

異端の鳥 

 

詳しい映画評は、こちらをクリックして下さい

 

●第1位(大賞

f:id:shins2m:20201223164416j:plain

劇場版『鬼滅の刃』無限列車編 



詳しい映画評は、こちらをクリックして下さい

 

ということで、今年の「一条賞(映画篇)」大賞は「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」に輝きました。もうすぐ日本映画史上における歴代興収1位に輝く作品です。アニメ「鬼松の刃」全26話を観た直後に鑑賞したので、感動もひとしおでした。「一条賞(読書篇)」大賞も『鬼滅の刃』でしたので、「日本一慈しい鬼退治」の物語がダブル栄冠に輝きました。本当に、コロナ禍の日本において、この物語が社会現象を起こしたことは興味深いですね。なお、映画篇の大賞はアカデミー賞でいえば「作品賞」ですので、他の各賞も以下のように発表させていただきます。

●監督賞
豊島圭介
(「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」)

●音楽賞
フランシス・レイ
(「男と女 人生最良の日々」)

●演出賞
「テネット」

●撮影賞
「1917 命をかけた伝令」

 ●ある視点賞
「朝が来る」

●主演男優賞
草彅剛(「ミッドナイトスワン」)

●主演女優賞
ガル・ガドット(「ワンダーウーマン 1984」)

助演男優賞
東出昌大(「スパイの妻」)

助演女優賞
エリザベス・デビッキ(「テネット」)

●新人賞
ペトルコトラール(「異端の鳥」)

●特別賞(劇場外作品)

f:id:shins2m:20201230150854j:plain

ソウルフル・ワールド
(ディズニープラス配信映画)


詳しい映画評は、こちらをクリックして下さい

 

この「一条賞(映画篇)」を発表した直後に、配信映画の「ソウルフル・ワールド」を観て感動し、特別賞に加えることにしました。もちろん、ここで発表した10作品+1作品以外にも素晴らしい映画はたくさんありました。そのすべてが、わたしの「こころ」に強い影響を与えてくれました。本とともに、映画は「こころの食べ物」です。みなさまも、ぜひ、たくさん良い映画を観て、こころを太らせて下さい!

 

死を乗り越える映画ガイド あなたの死生観が変わる究極の50本

死を乗り越える映画ガイド あなたの死生観が変わる究極の50本

  • 作者:一条 真也
  • 発売日: 2016/09/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

2020年12月30日 一条真也