ムーン・ハートピア

f:id:shins2m:20210902150211j:plain

 

一条真也です。
わたしは、これまで多くの言葉を世に送り出してきました。この際もう一度おさらいして、その意味を定義したいと思います。今回は、「天上へのまなざし」という言葉を取り上げることにします。



古代人たちは「魂のエコロジー」とともに生き、死後への幸福なロマンを持っていました。その象徴が月です。彼らは、月を死後の魂のおもむくところと考えました。月は、魂の再生の中継点と考えられてきたのです。多くの民族の神話と儀礼のなかで、月は死、もしくは魂の再生と関わっています。規則的に満ち欠けを繰り返す月が、死と再生のシンボルとされたことはきわめて自然だと言えます。地球上から見るかぎり、月はつねに死に、よみがえる、変化してやまぬ星なのです。また、潮の満ち引きによって、月は人間の生死をコントロールしているという事実があります。さらには、月面に降り立った宇宙飛行士の多くは、月面で神の実在を確信したと報告しています。月こそ神の住処であり、天国や極楽、つまりそこは魂の理想郷「ムーン・ハートピア」なのです。



ブッダは、満月の夜に最古の経典である「慈経」の教えを説きました。ミャンマーをはじめとする東南アジアの仏教国では今でも満月の日に祭りや反省の儀式を行います。仏教とは、月の力を利用して意識をコントロールする「月の宗教」だと言えるでしょう。太陽の申し子とされた日蓮でさえ、月が最高の法の正体であり、悟りの本当の心であり、無明つまり煩悩や穢土を浄化するものであることを説きました。日蓮は、「本覚のうつつの心の月輪の光は無明の暗を照らし」「心性本覚の月輪」「月の如くなる妙法の心性の月輪」と述べ、法華経について「月こそ心よ、華こそ心よ、と申す法門なり」と記しています。日蓮も月の正体をしっかりと見つめていたのです。仏教のみならず、神道にしろ、キリスト教にしろ、イスラム教にしろ、あらゆる宗教の発生は月と深く関わっている。そのように、わたしは考えています。

 

トルコには、約7万年前のネアンデルタール人の墓があります。この墓から出土した化石を手がかりにして、考古学者はネアンデルタール人が死者を花の上に寝かせて埋葬したことを突きとめました。このことから、ネアンデルタール人が「死」を祝い事とみなしていた、つまり、人間が死ぬということは別の世界へ移り住むことだと考えていたのがよくわかります。そしてその別の世界こそムーン・ハートピアであり、ネアンデルタール人の埋葬から7万年後、「月への送魂」によって、人類はついに魂をダイレクトに霊界に送るアートを獲得するのかもしれません。


わたしたちの肉体とは星々のかけらの仮の宿であり、入ってきた物質は役目を終えていずれ外に出てゆく、いや、宇宙に還っていくのです。宇宙から来て宇宙に還る私たちは、宇宙の子なのです。そして、夜空にくっきりと浮かび上がる月は、あたかも輪廻転生の中継基地そのものと言えます。人間も動植物も、すべて星のかけらからできている。その意味で月は、生きとし生ける者すべてのもとは同じという「万類同根」のシンボルでもあります。かくして、月に「万教同根」「万類同根」のシンボル・タワーとしての「月面聖塔」を建立し、レーザー(霊座)光線を使って、地球から故人の魂を月に送るという計画をわたしは思い立ち、実現をめざして、いろいろな場所で構想を述べ、賛同者を募っています。

f:id:shins2m:20211018190307j:plain月面聖塔」の模型

 

月面聖塔」は、ある意味で月に建てられる人類の共同墓です。月に墓がつくられれば、地球上での墓地不足も解消できますし、世界中どこの夜空にも月は浮かびますから、それに向かって合掌すれば、あらゆる場所で死者の供養をすることができます。また、埋葬によって死後の世界に対するネガティブな「地下へのまなざし」を持ってしまった生者にポジティブな「天上へのまなざし」を与えることにもなるでしょう。月を霊界に見立てることによって、死後の霊魂が天上界に還っていくと自然に思い、理想的な死のイメージ・トレーニングを無理なく行なえるはずです。また月に墓をつくれば、当然、地球上での葬送儀礼の内容も変わってきます。葬儀とは、死者の霊魂が故郷である宇宙に還るのを送り出す「送儀」ということになります。

ロマンティック・デス

 

わたしは、「死は不幸ではない」ことを示す「ムーン・ハートピア・プロジェクト」の実現に、死ぬまで、そして死んだ後も尽力したいと思っています。なお、この「ムーン・ハートピア」という言葉は、『ロマンティック・デス〜月と死のセレモニー』(国書刊行会)において初めて登場しました。

 

2021年10月25日 一条真也