未来医師が『満月交心』を紹介!

一条真也です。
22日、東京から北九州に戻りました。「未来医師イナバ」こと稲葉俊郎さんといえば、いま日本で最も注目されている医師ですが、自身のブログで、今月28日に発売される『満月交心 ムーンサルトレター』(現代書林)を紹介して下さいました。

f:id:shins2m:20201022113146j:plain稲葉俊郎氏のブログ 」より

 

稲葉さんは、「一条真也さんから頂いた、 鎌田東二先生との共著『満月交心 ムーンサルトレター』現代書林(2020/10/28)。ものすごい分量!厚い!!内容も熱い!!! 満月の夜に交わされ続けている二人の往復書簡は、テーマが森羅万象に渡っていて驚愕します。博覧強記の霊性の高いお二人が交わると、すごい化学反応を起こすものです。特に宗教関係の考察には、いつも学ばせてもらっています。満月の夜空を見る度に、一条さんと鎌田先生お二人が、いまも往復書簡を交わしているのか!と・・・」と書かれています。

f:id:shins2m:20201022113249j:plain稲葉俊郎氏のブログ 」より 

 

また、稲葉さんは「人の心を深いところで支えているのが『宗教心』のようなものだと思うのですが(特定の宗教という意味ではなく)、『宗教心』は霊性の次元の場所でもあり、自分の魂の眼を開かないと見えてこない薄明の、それでいて個を支えるものであり。当直中に、すこしずつ読みふけり中ですが、読むたびにいつも頭が高速回転するので目が冴えます。笑」と述べられ、最後に「ぜひおよみください!!」と書いて下さいました。嬉しかったです!

f:id:shins2m:20140607170704j:plain
稲葉俊郎さんと 

 

稲葉さんは1979年熊本生まれの医師で、心臓を内科的に治療するカテーテル治療や心不全が専門ですが、西洋医学のみならず伝統医療や代替医療など幅広く医療を修めています。ブログ『いのちを呼び覚ますもの』ブログ『からだとこころの健康学』で紹介した本などの著書があります。2014年から2020年3月まで、東京大学医学部付属病院循環器内科助教を務めておられましたが、2020年4月から軽井沢病院総合診療科医長、信州大学社会基盤研究所特任准教授、東京大学先端科学技術研究センター客員研究員、東北芸術工科大学客員教授(山形ビエンナーレ2020芸術監督) に就任されています。わたし宛のメールには、「コロナ禍の中で、本当に医療機関は多忙で、ヘロヘロです」と書かれていましたが、どうか自分の体も大切にされて下さい。このたびは、ブログでの紹介、本当にありがとうございました。
また、お会いできる日を楽しみにしています!

 

満月交心 ムーンサルトレター

満月交心 ムーンサルトレター

 

 

2020年10月23日 一条真也