最強寒波はぺギラのせい?

一条真也です。
10年に1度の強烈な寒波が日本に襲来しています。北日本から西日本の日本海側では大雪となり、たった1日で1メートル近くの雪が降る所もあるそうです。

ヤフーニュースより


サンレー本社の駐車場に雪が降る


サンレー社長室の窓から

 

北九州もマイナス3℃の気温で、雪が降っています。サンレー本社の窓の外は吹雪です。今日24日は、日本付近は次第に強い冬型の気圧配置となり、明日25日の寒気のピークには、上空約1500メートル付近でマイナス18℃以下の寒気が東北南部まで、九州南部や四国、関東南部にはマイナス15℃以下の寒気が流れ込むとのこと。



これは10年に1度ともいえる強烈な寒気です。このため、広い範囲で大雪や厳しい寒さに見舞われる見込みだそうです。こんな最強寒波が来るなんて・・・・・・わたしは、「まるでぺギラが来たみたいだな」と思いました。ぺギラとは、日本初の怪獣特撮TVドラマである「ウルトラQ」の第5話に登場した冷凍怪獣です。身長40メートル、体重20000トン。もともとは南極に生息しており、現地を訪れた観測隊にマイナス130℃にも達する反重力光線などで、大きな被害を与えました。その皮膚は厚さ30センチで現代兵器の攻撃を一切意に介しません。


今夜はDVDでぺギラの雄姿を拝みます!

 

ぺギラの弱点は「ぺギミンH」という物質でした。それが搭載されたミサイルにより一度は撃退されるものの、後に真夏の東京に出現。その回のサブタイトル「東京氷河期」の通り、強烈な寒波による大被害をもたらしました。しかし、この回でも最後は「ペギミンH」を積んだセスナ機の特攻により撃退され、東京から逃げ去りました。いずれのエピソードにおいても、ぺギラは撃退こそされたものの最終的に死亡はしていません。倒す手段が存在しない風船怪獣バルンガを除けば、「ウルトラQ」怪獣で最強と推すファンも多いそうです。今夜は、寒さに震えながら「ウルトラQ」のDVDを観て、ぺギラの雄姿を拝みます!

 

2023年1月24日 一条真也