さらば、燃える闘魂!

一条真也です。
ついに、この日が来てしまいました。「燃える闘魂」と呼ばれたアントニオ猪木さんがこの世を旅立たれたのです。わたしの人生に最大級の影響を与えた方でした。

ヤフーニュースより

 

猪木さんは、1日、自宅で死去されました。79歳でした。難病「全身性アミロイドーシス」で闘病中だった。2,3日前から低血糖で体調を崩し、自宅での療養生活が続いていたそうです。前日持ち直しましたが、この日の朝、状態が悪化し自宅で息を引き取られたとのことです。


猪木さんは、本名・猪木寛至。1943年2月20日、横浜市鶴見区生まれ。14歳で家族とともにブラジルに移住。60年、力道山サンパウロでスカウトされて帰国し、日本プロレスに入団。66年、東京プロレスを旗揚げ。翌年、日本プロレスに復帰も団体を離れ、72年、新日本プロレスを旗揚げ。「ストロングスタイル」を掲げ、多くの名勝負を繰り広げました。76年には、プロボクシング世界ヘビー級チャンピオンのモハメド・アリ異種格闘技戦を行い、MMA(総合格闘技)の源流になったとされています。98年4月、現役引退「全身性トランスサイレンチンアミロイドーシス」と闘病中の間も、Youtubeで動画配信し、わたしに元気を届けてくれました。

 

 

ブログ『生きるために闘う』で紹介した猪木さんの最新刊の「おわりに」の冒頭を、猪木さんは「俺は今、生きている。肉体は病に侵されている。今日は調子がいいと思っても、翌日にはとつぜん、熱が出てベッドに横たわるような毎日だ。それでも、俺は生きている。そんなままならぬ闘病の日々を、あえてカメラの前で全部、さらけ出した。2021年11月27日に放送された『燃える闘魂 ラストスタンドアントニオ猪木 病床からのメッセージ』(NHK BSプレミアム)がそれだ」と書きだしています。


この番組のことは、わたしはブログ「燃える闘魂 ラストスタンド」に詳しく書きました。難病との闘いの末にやつれきった著者の姿がショックでした。著者は、「それでも、俺は生きている。今日、生きているということは、神様が今の俺に何かの役目を果たせと言っているのだろう。一歩進んで、一歩下がる。そんな毎日だが、前に進む気持ちはいつも変わらない。人は歩みを止めたとき、老いていくと言った俺だ。いつか来る最後の日まで、笑って歩き続けるつもりだ」と述べるのでした。猪木さんのこの言葉は、素晴らしい死生観であると思いました。


猪木さんは、世界中の強豪たちと激闘を繰り広げてきました。ドリー・ファンク・ジュニア戦、カール・ゴッチ戦、ビル・ロビンソン戦、アンドレ・ザ・ジャイアント戦、ウィリエム・ルスカ戦、モハメド・アリ戦、ザ・モンスターマン戦、ウイリー・ウィリアムス戦、スタン・ハンセン戦・・・・・・すべて、いま思い返しても魂が震えるような名勝負でした。わたしは、猪木さんから計り知れないほどの生命力や元気を頂戴しました。猪木さんこそは、世界のプロレス史および格闘技の歴史における最大のスーパースターであると、心からリスペクトしてきました。



猪木さんの師匠は力道山で、ライバルはジャイアント馬場でした。そして、プロレスに偏見を抱く世間もライバルと見て、異種格闘技戦やIWGPなど数々のビッグプロジェクトに挑戦しました。猪木さんの弟子といえば、藤波辰爾木戸修藤原喜明長州力佐山聡前田日明、髙田延彦、山崎一夫、山田恵一、船木誠勝鈴木みのる武藤敬司蝶野正洋橋本真也小川直也藤田和之安田忠夫中西学永田裕志、石沢常光・・・・・・これだけの素晴らしいプロレスラーや総合格闘家たちが猪木さんに憧れ、猪木さんの後ろ姿を見て生きてきたのです。


今年は、石原慎太郎稲盛和夫といったわたしがリスペクトしてきた方々が亡くなられましたが、今ここにわが最大のヒーローを失いました。病気で衰弱しきった自身の姿を一切隠さずに動画で晒し続けたヒーローなど他にいません。本当に、最後まで闘いをやめない凄い人でした。わたしは、猪木さんが日本人の死生観に変革を起こしたのではないかとさえ思っています。「燃える闘魂」猪木さんの雄姿は、わたしの心に永遠に生き続けるでしょう。猪木さん、長い間、お疲れ様でした。たくさんの感動をありがとうございました。お見事な人生でございました。故猪木寛至氏の御冥福を心よりお祈りいたします。合掌。


2022年10月1日 一条真也