東スポ訪問に東京へ!

一条真也です。
2日の朝、社用車に乗って北九州空港へ。
北九州空港からスターフライヤーに乗って東京出張です。

f:id:shins2m:20220302110221j:plain北九州空港の前で

f:id:shins2m:20220302110847j:plain
北九州空港のようす

f:id:shins2m:20220302110414j:plain
今日も、メーテルがいてくれた💛

f:id:shins2m:20220302110423j:plainそれでは、行ってきます💛

 

今回の東京出張は、なんと「東スポ」で知られる東京スポーツの本社を訪問するためです。東京都江東区越中島にある本社ビルで「グリーフケアが評価される時代の到来」という対談が行われ、そこに参加することになったのです。相手はなんと、一般社団法人全日本冠婚葬祭互助協会(全互協)の山下裕史会長! さて、どうなりますことやら? 対談の内容は「東京スポーツ」「大阪スポーツ」「中京スポーツ」「九州スポーツ」の全面を使って掲載されます。東スポは、創刊当時からプロレスを大きく扱っており、プロレス狂のわたしは中高の6年間を通じて、毎日、購読していました。また、その誤報・ガセネタ・飛ばし記事の多さから、「飛ばしの東スポ」の異名を取っています。日本一チャーミングな新聞です!

f:id:shins2m:20220302112807j:plainスターフライヤーの機内のようす

f:id:shins2m:20220302115100j:plain
機内で対談の予習をしました

f:id:shins2m:20220302115732j:plain予習の後は軽く読書しました

 

今日はスターフライヤー80便に搭乗。満席ではありませんが、思ったよりも乗客が多かったです。機内では、対談の予習をしました。余った時間で、読書をしました。その後、『柔術狂時代~20世紀初頭アメリカにおける柔術ブームとその周辺』藪耕太郎著(朝日選書)を読みました。20世紀初頭、ジャポニズム日露戦争、大衆消費社会を背景として柔術・柔道が世界的に流行しました。嘉納治五郎に期待され米大統領に柔道指南する柔道家もいれば、レスラーと異種格闘技試合をする柔術家もいました。同書では、熱狂の時代が豊富な図版資料とともに描かれています。

f:id:shins2m:20220302130622j:plain羽田空港に到着しました

f:id:shins2m:20220302131412j:plain
いつものラーメン店へ

f:id:shins2m:20220302132559j:plain今日は、麦みそラーメン&ミニ・チャーハン!

f:id:shins2m:20220302131524j:plainさあ、行動開始です!

 

羽田空港に到着すると、気温が12度で暖かったです。「コートもマフラーも要らなかったな」と思いましたが、明日から金沢に入るので、厚着の必要があります。いつものラーメン店に入り、昼食を取りました。今日は、麦みそラーメンにミニ・チャーハンを付けました。対談前のエネルギー補給でしたが、大変美味しかったです。腹ごしらえをしてからは、行動開始です。羽田から赤坂見附のホテルに向かってチェックインし、そこから西新橋の全互協に寄ってから、迎えの車に乗って東スポ本社に向かいます!

 

2022年3月2日 一条真也