『アンビショナリー・カンパニー』を出版 

一条真也です。
「財界九州」2022年3月号が届きました。
わたしが佐久間庸和の本名で書いた『アンビショナリー・カンパニー』(現代書林)が紹介されています。

f:id:shins2m:20220118183152j:plain「財界九州」2022年3月号

 

記事は「Rader」のコーナーで、「『アンビショナリー・カンパニー』を出版」「サンレー佐久間庸和社長」の見出しで以下のように書かれています。
サンレー佐久間庸和社長は創立55周年記念出版として、昨年11月に『アンビショナリー・カンパニー』を出版した。著者は同社長のペンネーム『一条真也』ではなく、本名で執筆しており、『ハートフル・カンパニー』『ホスピタリティ・カンパニー』『ミッショナリー・カンパニー』に続く4冊目となる。同書は、サンレー社内で社長訓示と呼ばれている毎月の社員向けのメッセージをまとめたもの。著書のなかで佐久間社長は『ハートフル・ソサエティの実現にはハートフル・カンパニーの存在が必要であり、今の時代こそM&Aが求められている」と強調。このM&Aは企業の合併・買収ではなく『MはMission、AはAmbitionのことであり、つまり使命と志によるM&A戦略こそが今後の会社経営にとって最重要である』と説いている」

 

 

2022年2月21日 一条真也