2年ぶりの孔子講義

 

 

一条真也です。
わたしは、九州国際大学九国大、KIU)の客員教授として「教養特殊講義」を担当しています。毎年、「孔子研究」と「ドラッカー研究」の講義を行っていますが、昨年は新型コロナウイルスの影響でオンライン講義、それも動画収録でした。3日、2年ぶりに同大学の大教室でリアル講義を行いました。やはり、LIVEは最高!!

f:id:shins2m:20211203160029j:plain九国大のキャンパスで

f:id:shins2m:20211203161740j:plain
開始前のようす

f:id:shins2m:20211203162519j:plain
冒頭、挨拶をされる野村副学長

f:id:shins2m:20211203162638j:plain
みなさん、こんにちは!

f:id:shins2m:20211203162840j:plain
マスクを外しました

f:id:shins2m:20211203162904j:plain
最初は「青天を衝け」の話題から

f:id:shins2m:20211203163015j:plain
渋沢栄一について語る

f:id:shins2m:20211203163123j:plain
論語と算盤」について

 

この日は雨で寒かったので、受講する学生さんが少ないかと思っていましたが、結果的に300人収容の大教室にソーシャルディスタンスで約100名の学生が受講し、大盛況となりました。自分で言うのも何ですが、人気講義のようです。野村副学長の挨拶と客員教授紹介の後、わたしは「九国大の学生さんも、コロナで大変な思いをされていると思います。みなさんが幸せな人生を送るヒントになるような内容のある講義をしたいと思います」と述べました。それから、NHK大河ドラマ「青天を衝け」の主人公である渋沢栄一の話から入って、代名詞である「論語と算盤」の話題に移って、『論語』と孔子について説明しました。

f:id:shins2m:20211203163223j:plain
世界の四大聖人

f:id:shins2m:20211203163328j:plain
孔子を学ぶ理由

 

それから、孔子の人物紹介や世界史的位置づけから説明しました。孔子は、紀元前551年に中国の山東省で生まれました。ブッダとほぼ同時期で、ソクラテスよりは八十数年早い誕生でした。孔子ブッダソクラテスにイエスを加えて、世界の「四大聖人」です。中国をはじめ、台湾、北朝鮮、韓国、そして日本といった東アジアの人々の「こころ」に大きな影響を与えました。

f:id:shins2m:20211203164238j:plain
孔子について語ることは喜びです!

f:id:shins2m:20211203163608j:plain新旧の『孔子ドラッカー』を紹介

 

孔子は学問に励み、政治の道を志しましたが、それなりのポストに就いたのは50歳を過ぎてからでした。試みた行政改革が失敗に終わって、「徳治主義」という自らの政治的理想を実現してくれる君主を求めて、諸国を流浪したのです。春秋戦国時代の末期であった当時は、古代中国社会の変動期でした。つねに「天」を意識して生きた孔子は、混乱した社会秩序を回復するために「礼」の必要性を痛感し、個人の社会的道徳としての「仁」が求められると考えました。多くの弟子を教えた孔子は、74歳で没します。死後、彼の言行録を弟子たちがまとめたものが『論語』です。なぜ孔子を学ぶのか? その理由を説明しました。

f:id:shins2m:20211203164725j:plain
原題日本の問題について

f:id:shins2m:20211203163446j:plain人間と人間学 

 

それから現代日本に話題を移し、「無縁社会」の話をしました。年間に3万人が無縁死し、3万人が自殺する社会に日本がなってしまった大きな原因は、血縁と地縁が弱まったことです。そして、その結果、あらゆる人間関係が希薄化しました。わたしたちが生きる社会において、最大のキーワードは「人間関係」だと思います。社会とは、つまるところ人間の集まりです。そこでは「人間」よりも「人間関係」が重要な問題になってきます。そもそも「人間」という字が、人は1人では生きてゆけない存在だということを示しています。人と人との間にあるから「人間」なのです。だからこそ、人間関係の問題は一生つきまといます。わたしは、人類が生んだあらゆる人物の中で孔子をもっとも尊敬しています。孔子こそは、人間が社会の中でどう生きるかを考え抜いた最大の「人間通」であると確信しています。その孔子が開いた儒教とは、ある意味で大いなる「人間関係学」だとも言えるのではないでしょうか。

f:id:shins2m:20211203165123j:plain四書五経について

f:id:shins2m:20211203165244j:plain
論語』について

 

孔子は「仁」「義」「礼」「智」といった人間の心にまつわるコンセプト群の偉大な編集者でした。彼の言行録である『論語』は千数百年にわたって、わたしたちの先祖に読みつがれてきました。意識するしないにかかわらず、これほど日本人の心に大きな影響を与えてきた書物は存在しません。特に江戸時代になって徳川幕府儒学を奨励するようになると、教養の中心となりました。そうして儒学は、武士階級のみならず、庶民の間にも普及したのです。

f:id:shins2m:20211203172252j:plain八大徳目を解説

f:id:shins2m:20211203165848j:plain八犬伝を知っていますか?

 

江戸時代の日本において、『論語』で孔子が述べた思想をエンターテインメントとして見事に表現した小説が誕生しました。滝沢馬琴が書いた『南総里見八犬伝』です。江戸の大ベストセラーになりました。その中に登場する八犬士が持っていた玉には、それぞれ「仁」「義」「礼」「智」「忠」「信」「孝」「悌」の文字が浮かび上がりました。この8つの文字こそ、孔子儒教思想のエッセンスとしてまとめたコンセプト群であり、わたしたち日本人が最も大切にした「人の道」のキーワードでした。

f:id:shins2m:20211203165524j:plain「仁」について説明しました

f:id:shins2m:20211203170017j:plain
「義」について熱く語る!

f:id:shins2m:20211203170332j:plain
心をこめて「礼」を語る

f:id:shins2m:20211203170812j:plain
「智」の本当の意味を知っていますか?

f:id:shins2m:20211203171021j:plain
「忠」について説明しました

f:id:shins2m:20211203171233j:plain
「信」について熱く語る!

f:id:shins2m:20211203171507j:plain
君たちは「孝」の意味を知っているか?

f:id:shins2m:20211203171928j:plain
最後は「悌」について

 

それから、わたしは、「仁」「義」「礼」「智」「忠」「信」「孝」「悌」について話しました。「仁」の項目では、結局は「思いやり」の心が最も大切であると言いました。「義」の項目では、正義を行うことこそ勇気であると述べました。わたし自身が最も重視している「礼」の項目では、孔子は高貴な人にだけでなく、障害者や高齢者などをはじめ、あらゆる人に礼を尽くしたことを述べました。そして、「礼」とは「人間尊重」であると訴えました。「智」「忠」「信」「孝」「悌」についても語りました。

f:id:shins2m:20211203202908j:plain
学生さんから質問を受けました

f:id:shins2m:20211203202935j:plain
真摯にお答えしました

 

講義終了後は、質疑応答の時間です。「何か質問はありませんか?」と言うと、1人の女子学生が手を挙げて質問してくれました。その質問とは、「『南総里見八犬伝』の八大徳目というのが興味深く感じました。先生は、この8つの中で、どれが一番大事だと思われますか?」というものでした。わたしは、「滝沢馬琴は、この8つがいずれも日本人にとって大切な徳目だと思っていたようです。孔子は、すべての徳目の中で『仁』を最重視していると考えることができます。しかし、人にはすべて感受性や事情が異なります。わたしは、自分の人生や仕事や価値観において、『礼』が最も大事だと思っています」と答えました。盛大な拍手を受けて感激しました。こうして、2年ぶりのリアル講義が終了。来週は、ドラッカー講義です!

f:id:shins2m:20211203203432j:plain
最後は、盛大な拍手を受けました

f:id:shins2m:20211203160327j:plain
みんな、ありがとう!!

 

2021年12月3日 一条真也