『即効!ビジネス心理法則』

一条真也です。
65冊目の「一条真也による一条本」は、監修書の『即効!ビジネス心理法則』(実業之日本社)です。「仕事の現場で応用自在!」というサブタイトルがついています。造事務所と一緒に作った本で、2013年11月に刊行。

即効!ビジネス心理法則』(実業之日本社

f:id:shins2m:20210907091329j:plain
本書の帯

 

青い帯には、わたしの名前に「法則王」の名が冠せられ、「『できる人』は200%この手を使っている!」「面倒な『クレーム』をこじらせないためには、~LEAD法」「『昨日の自分』とさようならができる!~宣言効果」「理想の「リーダー」はこうする!~PM理論・・・ほか」「本書を読まないと、確実に損をする!」「『法則王』が伝授する!選りすぐりの『極意』」とあります。

f:id:shins2m:20210907091358j:plain
本書の帯の裏

 

帯の裏には、「この『心理法則』をあやつれば、ビジネスがすべてうまくいく!」[本書の構成]「パート1 『組織』をコントロールするビジネス心理法則」「パート2 『ヒト』を動かすビジネス心理法則」「パート3 『自分』を変えるビジネス心理法則」「本書の24の心理法則があなたの人生の『醍醐味』を決定するもしれない!?」と書かれています。

 

カバー裏表紙には、以下の内容紹介あります。
「人は『こころ』で動いている。そのこころを支配しているのが『心理法則』である。人が行なう『ビジネス』の現場でも、当然、心理法則が使われている。本書では、『法則王』がビジネスの現場ですぐに役立つ、とっておきの心理法則を徹底解剖する」

 

アマゾンの内容紹介は、以下の通りです。
「人が行なうビジネスの現場では、確実に『心理法則』が使われている。なぜ、あの上司に『部下』はついていくのか? 自他の『モチベーション』を挙げるにはどうするか? 人を動かし、組織をコントロールし、自分を変える・・・これら『心理法則』の三位一体で、ビジネスの世界はあなたの思いのままになる! 世界の名だたる法則に精通し、自身も会社社長として成功をおさめ、社内外の人心をつかんで離さない一条真也氏を監修者に、ビジネス人間関係の『極意』ともいうべき心理法則を総力解説する」

 

また、以下の法則が例示されています。
●理想の「リーダー」のあり方を説く『PM理論』
●「会議」をうまくいかせる席の座り方がわかる『スティンザーの三原則』
●納得しない人をラクラク説得できる『一貫性の原理』
●面倒な「クレーム」をこじらせないための『LEAD法』
●「幸運」を次々引き寄せる『ワイズマンの4つの法則』
●「昨日の自分」とさようならができる『宣言効果』


わたしが「法則王」でございます!(笑)

 

本書の目次構成は、以下のようになっています。
<はじめに>
他人や自身の「心理」をつかめば、ビジネスはうまくいく
こんなところで使われているビジネスの「心理法則」
【パート1】「組織」をコントロールする
      ビジネス心理法則

      1.バランス理論
      2.同調現象
      3.PM理論
      4.ピグマリオン効果
      5.社会的証明の原理
      6.スティンザーの三原則
    <すぐに試してみたくなる「心理法則」の話>
      ホームグラウンド効果
【パート2】「人」を動かすビジネス心理法則
      1.ハロー効果
      2.ザイアンスの法則
      3.認知的不協和
      4.一貫性の原理
      5.明示的説得と暗示的説得
      6.連合の法則
      7.選択肢削減の法則
      8.ピークエンドの法則
    <すぐに試してみたくなる「心理法則」の話>
      二者択一話法
【パート3】「自分」を変えるビジネス心理法則
      1.ワイズマンの4つの法則
      2.メラビアンの法則
      3.エメットの法則
      4.ABC理論
      5.フォールス・コンセンサス効果
      6.ヤーキーズ・ドットソンの法則
      7.宣言効果
    <すぐに試してみたくなる「心理法則」の話>
      スノッブ効果

法則の法則』(三五館)

 

わたしは、『法則の法則〜成功は「引き寄せ」られるか』(三五館)という本を書き、2008年7月に上梓しました。同書で、古今東西のありとあらゆる法則を集め、それらの法則を貫くメタ法則を求めました。この世には数多くの「法則」が存在するとされています。あるアイデアが、とりあえず「仮説」として立てられる。その「仮説」から具体的・個別的な「命題」を導き出す。そして、その「命題」を観察および実験で検証し、有効性が検証されれば、ようやく「法則」に格上げされる。そのようにしてできた複数の「法則」を体系化したものが「理論」と呼ばれるものなのです。


こんなところで使われているビジネスの「心理法則」

 

わたしは、企業の経営者としてビジネスの世界に身を置いています。また、「平成心学塾」という勉強会を主宰し、人間の「こころ」というものを総合的に研究しています。いくら最新の経営理論を持ち出そうが、ビジネスとは結局のところ非常に人間くさい営みです。企業も人間の集まりであり、顧客も人間だからです。そして、人間を動かすのは「こころ」です。

 

「こころ」の語源は「ころころ」であるという説があります。ころころ転がる不安定なものが人間心理なのです。しかし、そこには確実に一定の方向性があります。簡単に言うならば、人間は誰でも優しくされれば嬉しいし、冷たくされれば悲しいものです。わたしの経営する会社は冠婚葬祭業を営んでおり、わたしもよく結婚式や葬儀の現場に立ち会います。愛する人と結ばれる新郎新婦は希望でいっぱいですし、愛する人を亡くした遺族の方々が絶望の淵におられます。


2冊同時発売されました

 

喜び、悲しみ、希望、絶望・・・人間の「こころ」の変化のバリエーションとそのエネルギーの大きさを毎日のように感じています。人間の「こころ」の働きを研究する学問が心理学ですが、本書にはビジネスの世界における「こころの法則」が豊富に紹介されています。本書を読んで、上司や部下、取引先、そして消費者の心理を知っていただければ、あなたのビジネスはきっと進化を遂げるでしょう。なお、本書『即効!ビジネス心理法則』と一緒に姉妹本の『即効!ビジネス成功法則』も同時発売されました。

 

 

2021年10月11日 一条真也