沖縄より祈りをこめて

一条真也です。
出張で沖縄に来ています。これから那覇空港に向かい、そこから伊丹空港へ飛びます。今朝の那覇は晴天ですが、新聞やテレビで九州豪雨の惨状を知り、呆然としています。まさか、観測史上最大の豪雨だったとは!

f:id:shins2m:20200708090939j:plain
琉球新報」2020年7月8日朝刊

f:id:shins2m:20200708083957j:plain沖縄タイムス」2020年7月8日朝刊

 

犠牲となられた方々の御冥福を心よりお祈りいたします。
被害に遭われた方々には心からお見舞いを申し上げます。
これ以上、被害が拡がらないことを願っています。
21世紀に入って、明らかに自然災害も感染症も猛威を増しており、人間の心に大きなグリーフを与えています。時代の核心は「グリーフケア」に向かっていることを痛感します。ただ、人々の悲嘆が増せば増すほど、「心ゆたかな社会」を求める人々の数も今後ますます増えると思います。

f:id:shins2m:20200708085026j:plainOTV「とくダネ!」より

f:id:shins2m:20200708083558j:plain
OTV「とくダネ!」より

f:id:shins2m:20200708083332j:plainOTV「とくダネ!」より

f:id:shins2m:20200708083152j:plainOTV「とくダネ!」より

f:id:shins2m:20200708085013j:plainOTV「とくダネ!」より

f:id:shins2m:20200708084953j:plainOTV「とくダネ!」より

 

わたしには、豪雨のたびに聴きたくなる歌があります。
桑田佳祐の「明日晴れるかな」です。
気づいたのですが、「明日晴れるかな」というのは祈りの言葉なのですね。世界中のシャーマンたちは雨乞いをしました。孔子の母親も雨乞いをするシャーマンだったそうです。そこでは、「雨よ降れ」が民衆の祈りの言葉でした。
でも、今は、「明日晴れるかな」が祈りの言葉です。



 雨が降るのも止むのも自然現象です。人智を超越した世界であり、いわば天の意思によるものです。そう、「雨」とは「天」そのものなのですね。だから、「雨」も「天」もアメと読むのでしょう。昔から、「雨降って地固まる」などと言います.でも、とりあえず雨はこれくらいで十分ですね。
今日はこれから伊丹空港から新大阪駅へ向かい、そこから新幹線で姫路へ。そして明日は、業界の大先輩の「偲ぶ会」に参列してから九州に帰ります。
明日晴れるかな? 
明日天気になあれ!
晴天の沖縄より祈りをこめて・・・・・・

f:id:shins2m:20200708082626j:plain
今朝の那覇は晴天

f:id:shins2m:20200708100726j:plain
那覇空港の前で

 

2020年7月8日 一条真也