ヨーロッパ到着  

一条真也です。
8日の朝、成田のホテルで朝食を取った後、バスで成田空港の第ターミナルへ向かいました。この日から、全互協の創立45周年事業「中欧における冠婚葬祭事情視察研修2018」に参加するのです。


成田空港の検査場は非常に混んでいました

わたしの乗ったAY074便

AY074便の機中にて

ヘルシンキの上空で



8時半に集合して、結団式をした後で登乗手続をしたのですが、成田空港はものすごい数の人でした。並んでからかなりの時間を経て、手荷物検査と出国審査を終えました。出発の2時間前に集合したというのに、ゲートに着いたのが出発ギリギリの時間でした。こんなことは初めてです。2020年の東京オリンピックを控えて、成田空港はこれで大丈夫でしょうか? わたしたちの乗ったAY074便は、8日の15時(現地時間)、フィンランドヘルシンキ空港に到着しました。


ヘルシンキ空港に到着(取材用ボードを背に)

AY1255便に乗り換えてブダペスト

ブダペストの上空で

ブダペストに到着しました

空港前のようす



ヘルシンキからはAY1255便に乗り換えて、ハンガリーブダペストへ。ブダペスト空港には18時05分に到着しました。そこから荷物を受け取り、バスに乗って、「ヒルトン・ブダペスト」へ向かいました。


バスの中にて

バスの中から

バスの中から

バスの中から

バスの中から

バスの中から見たドナウ川

バスの中から見たドナウ川



バスの中から見たブダペストは、中世のヨーロッパの面影を残す街でした。夕食はホテルのレストランで取りました。全互協の齋藤会長とラックの柴山社長(全互協元会長)の間の席に座りました。仔牛料理と一緒に飲んだビールと赤ワインが美味しかったです。


仔牛料理とビールと赤ワインが美味でした

部屋からの夜景が綺麗でした



みなさんとの会話も大いに進んで有意義な時間を過ごすことができました。こういった業界の視察旅行では、「どこに」行くかよりも、「誰と」行くかが重要だと思います。部屋に入ると、窓からの夜景が素晴らしかったです。長旅で疲れたので、今夜はぐっすり眠れそうです。明日は、午前中は「ブダペスト市内視察観光」、午後は「ハンガリーにおける葬儀事情視察研修」、夜は「ドナウ川クルーズ」に参加します。



2018年4月9日 一条真也