松竹大歌舞伎

一条真也です。
シルバーウィークの最終日、歌舞伎を鑑賞しました。
松竹大歌舞伎 中村翫雀改め四代目中村雁治郎襲名披露公演」です。
会場は小倉にある「北九州ソレイユホール」で、井筒屋さんの主催でした。
わたしは最前列左端の花道のすぐ近くの特等席でございました。
おかげさまで、役者さんの鼻息まで近くで感じることができました。


北九州ソレイユホール

歌舞伎を観るのは久々です!



上方歌舞伎の大名跡である四代目中村雁治郎の襲名披露は、大阪松竹座歌舞伎座博多座に続いて全国各地の劇場やホールで公演されています。本当は歌舞伎座博多座が良かったのですが、どうしても日程が合わずに地元での鑑賞となりました。わたしが広告代理店の新入社員だった頃、歌舞伎座100周年記念イベントの仕事をしたことがあります。連日、歌舞伎について勉強し、また鑑賞するうちに、その魅力にすっかり取りつかれたのですが、最近は忙しさにかまけて歌舞伎から遠ざかっていました。


松竹大歌舞伎」のチラシ(表)

松竹大歌舞伎」のチラシ(裏)



襲名披露狂言として上演するのは玩辞楼十二曲のうち、『双蝶々曲輪日記』より「引窓」でした。初世鴈治郎が家の芸として制定した十二演目の一つで、長く歌舞伎上演が途絶えていたものです。それを初世が明治29(1886)年に大阪で復活上演したのです。以来、代々の鴈治郎が南与兵衛後に南方十次兵衛を当り役の一つにして上演を重ねてきました。この狂言には「親子の情」「夫婦の愛」が描かれています。特に女房のお早と交わすやりとりが見所なのですが、そのお早は鴈治郎の息子である壱太郎です。親子で夫婦を演じる試みは初めてではないかと思いますが、歌舞伎の魅力を大いに堪能しました。


1300円で購入したパンフレットの表紙

この幕の向こうに非日常の世界が・・・・・・



会場を見渡すと、高齢者の方がほとんどでした。中には杖をついて来られた方も見られました。一般に高齢者の方は時代劇が好きだと言われます。歌舞伎も江戸時代を舞台とした演劇です。「引窓」を鑑賞しながら思ったのですが、お年寄りになればなるほど昔の話を好まれる理由がわかったような気がしました。というのも、江戸時代に生きていた人々というのは、現在はもう生きていません。いわば、死者です。高齢の観客は、舞台の上で生き生きと動いている江戸時代の人々が間もなく死ぬことを知っています。すると、「どんな元気な人間でも、いつかは死ぬ」、ひいては「人間が死ぬことは自然の摂理である」ということを悟り、自身が死ぬことの恐怖が薄らぐのではないでしょうか。歌舞伎を見てこんなことを思うなんて、わたしはやはり唯葬論者なのかもしれません。


襲名披露「口上」が行なわれました(パンフレットより)


続いて、四代目中村雁治郎襲名披露「口上」が行なわれました。「口上」で語られる日本語は本当に美しい!
舞台上には、右から市川左團次市川男女蔵中村亀鶴坂田藤十郎翫雀改め中村雁治郎、中村壱太郎中村虎之介中村扇雀の順に8人が並んでいました。ここに並んでいる人々は上方歌舞伎の名門である「成駒屋」の一門であり、みな血縁関係にあります。坂田藤十郎が三代目の中村雁治郎でした。彼の息子が四代目中村雁治郎と中村扇雀であり、孫が中村壱太郎中村虎之介であり、他の人々とも血が繋がっています。


坂田藤十郎(パンフレットより)

市川左團次(パンフレットより)



わたしは、歌舞伎の襲名というのは儒教における「孝」そのものであると思いました。現在生きているわたしたちは、自らの生命の糸をたぐっていくと、はるかな過去にも、はるかな未来にも、祖先も子孫も含め、みなと一緒に共に生きていることになります。わたしたちは個体としての生物ではなく一つの生命として、過去も現在も未来も、一緒に生きるわけです。これが儒教のいう「孝」であり、それは「生命の連続」を自覚するということです。


中村壱太郎(パンフレットより)

中村寿治郎(パンフレットより)



「孝」という孔子にはじまる死生観は、明らかに生命科学におけるDNAに通じています。とくに、イギリスの生物学者リチャード・ドーキンスが唱えた「利己的遺伝子」という考え方によく似ています。生物の肉体は一つの乗り物にすぎないのであって、生き残り続けるために、生物の遺伝子はその乗り物を次々に乗り換えていくといった考え方です。なぜなら、個体には死があるので、生殖によってコピーをつくり、次の肉体を残し、そこに乗り移るわけです。子は親のコピーなのです。



中国哲学者で儒教研究の第一人者である加地伸行氏によれば、「遺体」とは「死体」という意味ではありません。人間の死んだ体ではなく、文字通り「遺(のこ)した体」というのが、「遺体」の本当の意味です。つまり遺体とは、自分がこの世に遺していった身体、すなわち「子」なのです。あなたは、あなたの祖先の遺体であり、ご両親の遺体なのです。あなたが、いま生きているということは、祖先やご両親の生命も一緒に生きているのです。
わたしは四代目中村雁治郎の襲名披露「口上」を聴きながら、この舞台上には坂田藤十郎すなわち三代目中村雁治郎の「遺体」がずらりと並んでいるなと思いました。


中村扇雀(パンフレットより)

中村虎之介(パンフレットより)



「口上」の後は休憩を挟んで、「連獅子」が上演されました。
中村扇雀中村虎之介の父子が舞いましたが、まことに華やかで勇壮な親子獅子でした。先にDNAの話をしましたが、扇雀はお母さんである扇千景さんに生き写しであり、わたしは「血とはすごいものだなあ」としみじみ思いました。また、虎之介はジャニーズのアイドルばりのイケメンで、表情も動きも素晴らしかったです。わたしは花道から一番近い席で、虎之介から1メートルちょっとの距離でガン見しましたが、本当に美しい役者さんだなと思いました。


市川男女蔵(パンフレットより)

中村亀鶴(パンフレットより)



また「連獅子」に登場する浄土宗の僧遍念(男女蔵)と法華宗の僧蓮念(亀鶴)のやりとりも良かったです。文殊菩薩に参拝するため清涼山にやってきた二人は、最初は道連れが出来たと喜びますが、互いの宗派を知ると、自分の宗派の方が優れていると言い争いを始めます。二人は念仏と題目を唱え始めますが、そこへ一陣の風が吹くと、二人は獅子の出現を怖れて、ともに逃げ出すのでした。面白かったのは、二人が唱える「南無阿弥陀仏」と「南無妙法蓮華経」がそのうち入れ替わる場面で、観客は爆笑します。わたしは、これほど日本人が宗教的に寛容なことを見事に表現したものはないと痛感し、感動していました。



最後に登場した扇雀と虎之介の父子が舞う連獅子は素晴らしかったです。
紅白の花とともに舞ったのですが、わたしは「慶事には紅白、弔辞には黒白。まことに日本文化は奥深いなあ」と思いました。
舞台では紅白の大輪の花も咲き乱れ、とても豪華絢爛でした。
演劇としての歌舞伎にも華があります。「華」は「花」に通じますが、歌舞伎にはもともと「花形」や「花道」といった花にまつわる言葉があります。相撲や芝居で花形に与えるお金も「花」と呼びます。力士や役者への心づけを「花」というのは、まず見物のときに造花を贈って、翌日お金を届ける習慣から来たそうです。歌舞伎の「花道」も、ここを渡って客が役者に花を贈ったことから、この名がついたわけですね。「花形役者」は、客から花を贈られるほどの才能の持ち主というのが本来の意味です。



また、芸者や遊女と遊んだ料金を「花代」といいます。これも、花に代わるものとしての金銭という意味ですね。どの言葉も、遊芸者と客のあいだの花のやりとりに起源があることに気づきます。これは、もともと花が御幣として神々を呼ぶ力を持っていたことにも関係があります。力士にしろ、遊女にしろ、遊芸者とは神々の代理人という役割があったわけですね。彼らは人間界の「花」でした。しかし、何よりも人間界の「花」といえば、役者に尽きるでしょう。現在でも芸能人のことをスターと呼びますが、かつては役者のことを「花」と呼んだのです。


江戸には三つの花がありました。
火事と喧嘩は、みなさんもご存知かと思います。もう一つの花とは何か。それは、歌舞伎役者の市川団十郎でした。当時の江戸ッ子たちは、口々に団十郎を「江戸の花」と讃えました。『明和技鑑』という本では、団十郎を役者の氏神と記していますが、とにかく「江戸の飾海老」とも「江戸の花」とも称された大スターでした。十三代目市川団十郎となるであろう市川海老蔵も、まさに天性の「江戸の花」という雰囲気を持っていますね。というわけで、今日は大いに歌舞伎を堪能させていただきました。


帰り道を歩いていたら、人の集団が・・・・・・

安保関連法案反対の集会でした



公演がすべて終了した後、わたしは余韻に浸りながら、歩いて帰りました。
iPadで桑田佳祐の「ピースとハイライト」や「蛍」を聴きながら北九州ソレイユホールから勝山公園を抜けると、広場に人がたくさん集まっていました。なにか大勢で「戦争反対」とか叫んでいます。どうやら、先日成立した安保関連法案に反対する人々の集会のようでした。


エストの「話題書コーナー」

『唯葬論』が平積みにされていました!



そこを過ぎてさらに歩き、ブックセンター「クエスト」という書店に着きました。ここは北九州で最大、かつ西日本でも最大級の書店ですが、久々に中に入ってきました。すると、「話題書コーナー」に拙著『唯葬論』(三五館)が平積みにされていて、感激しました。クエストさん、ありがとうございます!

唯葬論

唯葬論

*よろしければ、本名ブログ「佐久間庸和の天下布礼日記」もどうぞ。



2015年9月23日 一条真也