「ハリー・ポッター展」

一条真也です。
金沢で目覚めたわたしは、二日酔いの頭を抱えながら朝食を取りました。
朝食後は迎えの車に乗り込んで小松空港に直行、そこからANAで東京に飛びました。東京で大事なランチ・ミーティングの約束があったからです。


雨の六本木ヒルズを訪れました

ハリー・ポッター展」入口の看板



打ち合わせの場所が六本木ヒルズでしたので、終了後に森タワーの52階にある「森アーツセンターギャラリー」に向かいました。
ここを訪れたのは、ブログ「ミュシャ展」で紹介した展覧会以来です。
ここで、いま、話題の「ハリー・ポッター展」が開催されているのです。


映画「ハリー・ポッター」シリーズといえば、知らない人はいないでしょう。
シリーズの全作品が、世界中で爆発的なヒットを記録しました。原作はイギリスの女流流作家J・K・ローリングによるファンタジー小説です。
1990年代のイギリスを舞台に、魔法使いの少年ハリー・ポッターの活躍を描いています。物語には、ハリーの学校生活や、ハリーの両親を殺害した張本人でもある強大な闇の魔法使いヴォルデモートとの因縁と戦いが描かれています。


ハリー・ポッターシリーズ全巻セット

ハリー・ポッターシリーズ全巻セット

ハリー・ポッターと賢者の石』、『ハリー・ポッターと秘密の部屋』、『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』、『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』、『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』、『ハリー・ポッターと謎のプリンス』、『ハリー・ポッターと死の秘宝』の全7巻が刊行され、それぞれ1巻で1年が経過しています。


ハリー・ポッター」シリーズのDVD



7つの物語はいずれも映画化され、世界中で大ブームを起こしました。わたしも初期の3作を長女と映画館で観て、残り4作はDVDで観賞しました。その世界観を忠実に再現した「ハリー・ポッター展」が、2013年6月22日から9月16日まで,森アーツセンターギャラリーで開催されているのです。
この展覧会は、事前に日時指定のチケットを予約しなければならず、しかもローソン・チケットでしか予約できないというので、非常に困惑しました。
わたしはカードをなるべく作らない方針なのですが、仕方なく「Pontaカード」とかいう、タヌキの絵が入ったカードを作らされてしまいました。
うーむ、ローソンよ、なかなかやるな!



さて展覧会の内容ですが、映画の撮影で実際に使われた本物の衣装や小道具をはじめ、 ハリーの丸メガネや魔法使いの杖などが展示されています。その展示品の数は、なんと数百点だそうです。
出口の先にはショップもあり、展覧会の公式ガイドをはじめ、ハリーの眼鏡、キーホルダー、魔法菓子などを求めました。


魔法の世界を満喫しました

戦利品の数々を見よ!



そしてこの展覧会の特徴は、実際に触れて遊ぶことができる体験型であることです。 クィディッチのコーナーでボールをゴールに投げ込んだり、 ハグリッドの部屋で巨大な椅子に座ったり、子どもたちは大喜びです。 まるで、ホグワーツ魔法魔術学校に体験入学したかのような気分が味わえるのです。 来年、大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンハリー・ポッターのアトラクションがオープンするそうですが、この展覧会のイメージが基本コンセプトとなるのでしょうか?


キングス・クロス駅のホームで

ホグワーツへのプラットフォーム



ブログ「ファンタジーの旅」に書いたように、わたしはかつてロンドンを訪れ、ハリー・ポッターゆかりの場所を回りました。
キングス・クロス駅のホームにあるというホグワーツ魔法魔術学校へのプラットフォーム、ホグワーツのモデルとなったクライスト・チャーチにも行きました。ここは、かの『不思議の国のアリス』を書いたルイス・キャロルことチャールズ・ドジソンが数学の教授として勤務していたことでも有名です。
改めて、イギリスがファンタジー王国であることを痛感します。


クライスト・チャーチは「ホグワーツ」のモデル


21世紀におけるファンタジー界の大事件といえば、なんといっても『ハリー・ポッター』シリーズの登場です。この全世界で3億冊以上も読まれたという新時代のファンタジーはすでに古典の風格さえあり、島田裕巳氏のように「現代の聖書」と呼ぶ人さえいます。



この作品が歴史的ベストセラーになった原因について、わたしも色々と考えましたが、最大の要因として「ホグワーツ魔法魔術学校」の存在があると思います。このシリーズが歴史的ベストセラーになった最大の要因として「ホグワーツ魔法魔術学校」の存在があると思います。魔女や魔法使いになるために教育を受けなければならないという設定は説得力があります。



このシリーズが現れるまで、ファンタジー文学に登場する人物はふつうの人間と魔女・魔法使いとに二分されていました。
作者のローリングは、ふつうの人間でもいくばくかの才能があり、良い教育を受けることができれば、魔女や魔法使いになれるという設定を考案しました。まるで、スポーツ選手や芸術家になるのと同じように。これこそ、ファンタジー文学にとって大きな躍進でした。しっかりした教育を受けていない、あるいは訓練を怠った魔女・魔法使いは、ただの人間にすぎません。



じつは、わたしは常々、接客サービス業に携わる人間とは「魔法使い」をめざすべきだと言っています。サン=テグジュペリの『星の王子さま』には、「本当に大切なものは、目には見えない」という言葉が出てきます。本当に大切なものとは、思いやり・感謝・感動・癒し、といった「こころ」の働きだと思います。そして、接客サービス業とは、挨拶・お辞儀・笑顔・愛語などの魔法によって、それを目に見える形にできる仕事ではないかと思うのです。



もちろん、それらのホスピタリティ・スキルを身につけるのには教育と自らの訓練が必要になります。『星の王子さま』で示された「本当に大切なもの」が、『ハリー・ポッター』の方法論で目に見える形になったわけです。
この最終巻を読めば、これまでに張られていた伏線から主要人物のその後まで、すべてが明らかになります。21世紀において、魔法について書かれた本が世界中で読まれたこと自体が、最大の魔法ではないかと思います。



*よろしければ、本名ブログ「佐久間庸和の天下布礼日記」もどうぞ。



2013年6月26日 一条真也