『ツナグ』

ツナグ (新潮文庫)


一条真也です。

3月3日、今日は桃の節句ですね。わが家には2人の娘がいるので、自宅で雛祭りをするのが習慣です。しかし、大学生の長女は横浜在住で、中学生の次女も期末試験の最中です。
どうやら、今年は雛祭りどころではなさそうです。
わたしも勉強の邪魔をしないように、おとなしく書斎にこもっています。
ということで、『ツナグ』辻村深月著(新潮文庫)を読みました。



直木賞作家の連作長編小説です。最近、映画化もされました。わたしも観ましたが、大ヒット作というだけあって、非常に面白かったです。
主演の松坂桃李と主人公の祖母を演じた樹木希林の存在感には感心させられましたね。あと、桐谷美玲がとてもかわいかった!
映画を鑑賞した翌日に、原作である本書を読みました。
題名の「ツナグ」というのは、死者と生者をつなぐ使者のことです。
ツナグは、一生に一度だけ、死者との再会を叶えてくれます。



本書には「アイドルの心得」「長男の心得」「親友の心得」「待ち人の心得」「使者の心得」という5つの物語が収められています。
それらの物語には、突然死したアイドルを心の支えにしていた孤独なOL、年老いた母親にガンであることを知らせることができなかった息子、親友に抱いてしまった嫉妬心に後悔の念を抱く女子高生、忽然と失踪してしまった婚約者を待ち続ける会社員、両親が謎の心中自殺を遂げた高校生が登場します。
最後の高校生とは他ならぬツナグ自身のことですが、彼はさまざまな人々の死者との再会を仲介します。それぞれの想いが込められた一夜の邂逅は、読者の想像を超えた物語を生んでいくのでした。



本書を読めば、誰でも「もし自分だったら、誰と会いたいか」と考えるでしょう。それも、自分が生者の場合と死者の場合と、両方のケースを思うでしょう。
わたしたちは、死者とともに生きています。生者は、けっして死者のことを忘れてはなりません。死者を忘れて、生者の幸福などありえません。
以前、「葬式」を特集した週刊誌で「生きている人が死んでいる人に縛られるのっておかしいと思いませんか?」と発言した文化人がいました。わたしは、その人の発言のほうがおかしいと思いました。なぜなら、生きている人間は死者から縛られるのではなく、逆に死者から支えられているからです。
今の世の中、生きている人は、亡くなった人のことを忘れすぎています。


本書には死者を想う生者の心が溢れ、温かい気持ちになれました。
また、ツナグが生者と死者を再会させる夜が、決まって満月というのも良かったです。月こそは、死後の世界のシンボルだからです。
世界中の古代人たちは、月を死後の魂のおもむくところと考えました。
ツナグは、いわゆる恐山のイタコのような霊能者ではありません。
そこのところが、わたしには葬祭業者の姿にも重なって見えました。
亡くなった故人と残された人々の心をつなぐ・・・・・。
「ツナグ」とは「おくりびと」の別名ではないかと思います。
なお、『死が怖くなくなる読書』(現代書林)でも本書を取り上げています。


死が怖くなくなる読書:「おそれ」も「かなしみ」も消えていくブックガイド

死が怖くなくなる読書:「おそれ」も「かなしみ」も消えていくブックガイド

*よろしければ、本名ブログ「佐久間庸和の天下布礼日記」もどうぞ。



2013年3月3日 一条真也