「グリーン・ナイト」

一条真也です。26日、東京から北九州に戻りました。25日、社外監査役を務めている互助会保証株式会社の監査役会と取締役会に出席した後、日比谷で打ち合わせしました。その後、この日から公開された映画「グリーン・ナイト」をTOHOシネマズシャンテ…

「窓辺にて」

一条真也です。東京に来ています。25日、互助会保証株式会社の監査役会が始まるまでに、朝一番で日比谷へ。TOHOシネマズ日比谷で日本映画「窓辺にて」の初回上映を鑑賞しました。わたしは、稲垣吾郎・草彅剛・香取慎吾の「新しい地図」の3人を日本を…

「ファイブ・デビルズ」

一条真也です。東京に来ています。24日の夕方、銀座で映画関係者と打ち合わせした後、ヒューマントラストシネマ有楽町でフランス映画「ファイブ・デビルズ」を観ました。超常現象が起こるので一応はホラーなのでしょうが、説明不足の部分が多くてよくスト…

早稲田散策

一条真也です。東京に来ています。24日、ブログ「『村上春樹 映画の旅』展」で紹介した展覧会を観るために、久しぶりに母校の早稲田大学を訪れました。ブログ「ホームカミングデー」で紹介した2011年10月16日以来ですから、じつに11年ぶりの母校…

「村上春樹 映画の旅」展

一条真也です。東京に来ています。24日、赤坂見附の定宿にチェックインしてから、早稲田に移動。久しぶりに母校の早稲田大学を訪れました。 早稲田大学の大隈講堂の前で キャンパスの銀杏がとても綺麗でした。ブログ「ホームカミングデー」で紹介した20…

霜月の東京へ!

一条真也です。23日のFIFAワールドカップのカタール大会での日本vsドイツ戦、ブログ「ドーハの歓喜!」に書いたように、見事な勝利を収めました。24日の朝、わたしは北九州空港に向かいました。そこから、スターフライヤー78便に乗って東京に飛…

ドーハの歓喜!

一条真也です。日本がやりましたね!FIFAワールドカップ カタール2022・グループEのドイツ戦(ハリーファ国際スタジアム)で、日本が4回の優勝経験を持つ強豪ドイツを2-1で下しました。 堂安が決めた! 初のベスト8以上を目指す日本代表は、ド…

「母性」 

一条真也です。23日の勤労感謝の日、シネプレックス小倉で日本映画「母性」を観ました。 ブログ「告白」で紹介した映画と同じく、湊かなえの小説を映画化した作品ですが、いろんな意味で不愉快な内容でしたね。ストーリー自体は面白いのですが、観ていると…

『文明が不幸をもたらす』

一条真也です。『文明が不幸をもたらす』クリストファー・ライアン著、鍛原多惠子訳(河出書房新社)を読みました。「病んだ社会の起源」というサブタイトルがついています。著者は、カリフォルニア州セイブルック大学で心理学の博士号を取得。CNN、ニュ…

『イエティ 雪男伝説を歩き明かす』

一条真也です。『イエティ 雪男伝説を歩き明かす』ダニエル・C・テイラー著、森夏樹訳(青土社)を読みました。ライフワークとして幾年にもわたりヒマラヤを歩きまわった著者は、インドに生まれ、ネパールや中国に国立公園を作った活動家です。本書では、不…

コンパッションの味

一条真也です。11月22日は「いい夫婦の日」。夫婦は「世界で一番小さな互助会」であり、夫婦間には「思いやり」が必要です。「思いやり」を英語で言えば「コンパッション」ですが、ネットで「コンパッション」を連想させる感動的な動画を見つけました。…

「土を喰らう十二ヵ月」

一条真也です。日本映画「土を喰らう十二ヵ月」を観ました。場所は3日連続で通っているシネプレックス小倉です。「食」がテーマとばかり思っていましたが、驚くべきことに、理想の「葬」が見事に描かれていました。しみじみと感動しました。間に合ったなら…

「ザ・メニュー」

一条真也です。19日、ブログ「サンクスフェスタ小倉」で紹介したイベントが開かれた日の夜、シネプレックス小倉で映画「ザ・メニュー」のレイトショーを観ました。予告編からホラー映画ではないかと想像していたのですが、実際はサイコ・スリラーでしたね…

サンクスフェスタ小倉

一条真也です。19日、「サンクスフェスタ in小倉紫雲閣」が行われました。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて一昨年は中止されたイベントですが、昨年は2年ぶりに開催。おかげさまで今年も無事に開催できました。もちろん感染対策は万全ですし、お客…

入棺体験

一条真也です。今日は、大変貴重な体験をしました。一度死んで、それから生まれ変わったのです。 イベントで「入棺体験コーナー」を設置 「入棺体験」コーナー 本日、「サンクスフェスタ in小倉紫雲閣」が開催されました。これまで大人気だった「入棺体験…

「ザリガニの鳴くところ」

一条真也です。18日、ブログ「サンレー創立56周年記念式典」で紹介したセレモニーが行われた夜、この日公開の映画「ザリガニの鳴くところ」をシネプレックス小倉で観ました。 ヤフー映画の「解説」には、こう書かれています。「ディーリア・オーエンズの…

サンレー創立56周年記念式典  

一条真也です。18日は、サンレー創立56周年の日です。この日、小倉の松柏園ホテルで創立記念式典が開かれました。 最初は一同拝礼! 神事のようす 拍手を打つ佐久間会長 玉串を受け取りました 拝礼しました 最後は一同拝礼! 朝から松柏園ホテルの神殿で…

庸軒ごよみ2023

一条真也です。11月16日の夕方、東京から北九州に戻りました。そのまま 松柏園ホテルに向かい、「新北九州を考える会」に出席。西日本新聞社の甲木正子代表の講演をお聴きしました。翌18日はサンレーの創立記念日ですが、2023年(令和5年)度の「…

「すずめの戸締まり」

一条真也です。東京に来ています。15日は、一条本最新刊『心ゆたかな映画』(現代書林)の発売日です。この日、ロングセラーの拙著『愛する人を亡くした人へ』(現代書林)を原案としたグリーフケア映画「愛する人へ」(仮題)の打ち合わせをしましたが、…

「ドント・ウォーリー・ダーリン」

一条真也です。金沢から東京に移動した直後、石川県で最大震度4を観測する地震がありました。そんなことも知らず、109冊目の一条本『心ゆたかな映画』(現代書林)の発売前夜となる14日の夜、出版関係の打合せの後で映画「ドント・ウォーリー・ダーリ…

金沢から東京へ! 

一条真也です。14日、ブログ「北陸総合朝礼」で紹介した金沢紫雲閣での会社行事とサンレー北陸の本部会議に出席後、車でJR金沢駅へ。そこから東京に向かいます。けっこう寒かったので、コートを着ました。今年の初コートです! JR金沢駅前の広場で J…

北陸本部総合朝礼  

一条真也です。金沢に来ています。14日の朝は前日の雨がウソのように素晴らしい晴天。早朝は気温11度と寒かったですが、太陽が昇るにつれて次第に気温も上昇していきました。サンレー北陸の総合朝礼および北陸本部会議に参加してから、北陸新幹線で東京…

碁縁

一条真也です。「無縁社会」などと呼ばれ、血縁と地縁の希薄化が目立つ昨今です。人間は1人では生きていけません。「無縁社会」を超えて「有縁社会」を再生させるためには、血縁や地縁以外のさまざまな縁を見つけ、育てていく必要があります。そこで注目さ…

死を乗り越える瀬戸内寂聴の言葉

死というものは、必ず、いつか、みんなにやって来るもの。でも、今をどのように生きて行くか、何をしたいか、生きることに本当に真剣になれば、死ぬことなんて怖くなくなるもんです。(瀬戸内寂聴) 一条真也です。言葉は、人生をも変えうる力を持っています…

沖縄から北陸へ! 

一条真也です。12日の朝、那覇のホテルの客室で目覚めました。朝食を取ってからチェックアウトし、冠婚葬祭施設の建設候補地を視察してから那覇空港へ向かいました。サンレーの東専務も一緒です。わたしたちは、北陸へ向かうのです。 那覇空港の前で 那覇…

那覇の熱い夜

一条真也です。沖縄県の那覇市に来ています。11日は、全互連の西日本ブロック会議が開かれました。会場は、サンレー沖縄の結婚式場・マリエールオークパイン那覇です。 講演する全互連の山下新会長 今回の西日本ブロック会議では、今年から全互連の新会長…

沖縄へ! 

一条真也です。11日の朝、わたしは福岡空港に向かいました。そこから沖縄の那覇空港へ飛びます。新型コロナウイルスの「第8波」の到来が叫ばれていますが、観光やゴルフ目的で沖縄を訪れる人々は後を絶たないそうです。 福岡空港の前で 福岡空港にて AN…

一条真也です。たった一字に深い意味を秘めている文字は、世界でも漢字だけです。そこには、人のこころを豊かにする言霊が宿っています。その意味を知れば、さらに、こころは豊かになるでしょう。今回の「こころの一字」は、「望」です。 人望の法則 作者:西…

一条真也です。たった一字に深い意味を秘めている文字は、世界でも漢字だけです。そこには、人のこころを豊かにする言霊が宿っています。その意味を知れば、さらに、こころは豊かになるでしょう。今回の「こころの一字」は、「希」です。 人が生きる上で最も…

『一条本』100冊記念版

一条真也です。わたしは、これまで多くのブックレットを刊行してきましたが、一条真也ではなく、本名の佐久間庸和として出しています。いつの間にか44冊になっていました。それらの一覧は現在、一条真也オフィシャル・サイト「ハートフルムーン」の中にあ…