「ハートフル・ソングス6」

一条真也です。
みなさんは、カラオケはお好きですか?
わたしは特に好きというほどではないのですが、仕事柄(?)歌う機会は多いです。小倉をはじめ、東京、金沢、那覇のカラオケ店などでよく歌っております。

f:id:shins2m:20191007122210j:plainケースの表

 

いろいろ歌ううちに、カラオケには恋愛と鎮魂をテーマとした歌が多いことに気づきました。新元号「令和」の出典は『万葉集』の和歌ですが、『万葉集』に収められている和歌で最も多いのは相聞歌と挽歌、つまり恋愛と鎮魂がテーマなのです。まさに冠婚葬祭そのものではありませんか!
現在の日本は、結婚式も葬儀も軽視される「愛」のない時代ですが、カラオケで歌うことで「愛」に満ち溢れたハートフル・ソサエティの到来を祈る気持ちになってきました。
こんな素人の歌でも聴きたがって下さる奇特な方がおられて、ブログ「ハートフル・ソングス」ブログ「ハートフル・ソングス2」ブログ「ハートフル・ソングス3」ブログ「ハートフル・ソングス4」で紹介したように、わたしの歌の動画をDVDにしてプレゼントして下さいました。もちろん非売品であり、あくまでも個人用ですので、著作権法などには一切違反しておりません。 
このたび、その方が続編として、「HEARTFUL SONGs ハートフル・ソングス」の5・6・7を同時に作って下さいました。6のケースの表面には、ベージュのジャケットに黒のシャツを着て、スタンドマイクの前に立つ帽子&サングラス姿のわたしの写真が使われ、「一条真也が歌うラブソング&グリーフケアソング」と書かれています。今回は、サザンオールスターズ、KUWATA  BAND、そして桑田佳祐のナンバーばかりで、さながら「桑田まつり」といった感じです。

f:id:shins2m:20191007122234j:plainケースの裏

 

また、ケースの裏面にはサングラスにピンクのジャケット、ピンクのシャツ姿で人差し指をさすわたしの写真が使われ、曲目リストとともに、わたしのLINEアイコンが印刷されています。なかなかの仕上がりで、自分で言うのも何ですが、本当にインディーズなどでデビューしたかのような錯覚にとらわれます。(笑) 

f:id:shins2m:20191007122753j:plain表裏つなげると、こんな感じ!

 

そして、曲目は以下の通りです。 

●DISC1

01.サザンオールスターズ勝手にシンドバッド

02.サザンオールスターズ
   「匂艶 THE  NIGH  CLUB」

03.サザンオールスターズ
   「Bye Bye My Love(U are the one)」

04.サザンオールスターズ
   「エロティカ・セブン EROTICA  SEVEN」

05.サザンオールスターズ「マンピーのG★SPOT」

06.サザンオールスターズ
          「あなただけを 〜Summer Heartbreak〜」

07.サザンオールスターズ愛と欲望の日々

08.サザンオールスターズ「BOHBO  No.5」

09.サザンオールスターズ君こそスターだ

10.サザンオールスターズ
   「DIRTY  OLD MAN〜さらば夏よ〜」

11.サザンオールスターズ神の島遥か国」 

●DISC2

01.サザンオールスターズ思い過ごしも恋のうち

02.サザンオールスターズいなせなロコモーション

03.サザンオールスターズ「女呼んでブギ」

04    KUWATA BAND
           「Merry  X’mas  In  Summer」

05.桑田佳祐白い恋人達

06.桑田佳祐波乗りジョニー

07.桑田佳祐「東京」

08.桑田佳祐「ダーリン」

09.桑田佳祐本当は怖い愛とロマンス

10.桑田佳祐「悲しい気持ち」

11.桑田佳祐「風の詩を聞かせて」

12.桑田佳祐君にサヨナラを

13.桑田佳祐「百万本の赤い薔薇」

f:id:shins2m:20191007122519j:plainディスクは2枚組です!

 

素人の下手くそな歌ではありますが、結婚式も葬儀も軽視されていく一方という「愛のない時代」に、せめてラブソングやグリーフケアソングを歌うことによって、愛と思いやりに溢れたハートフル・ソサエティの到来を祈りました。わたし自身、この動画を観て、細かな音程や振付などのチェックをし、さらにカラオケ道を歩んで行く所存です。(笑)

 

2019年10月7日 一条真也

「ハートフル・ソングス5」

一条真也です。
クアラルンプールから帰国しました。
今回も、いろいろとビジネスや執筆のヒントを得ました。
ところで、みなさんは、カラオケはお好きですか?
わたしは特に好きというほどではないのですが、仕事柄(?)歌う機会は多いです。小倉をはじめ、東京、金沢、那覇のカラオケ店などでよく歌っております。

f:id:shins2m:20191007122320j:plainケースの表

 

いろいろ歌ううちに、カラオケには恋愛と鎮魂をテーマとした歌が多いことに気づきました。新元号「令和」の出典は『万葉集』の和歌ですが、『万葉集』に収められている和歌で最も多いのは相聞歌と挽歌、つまり恋愛と鎮魂がテーマなのです。まさに冠婚葬祭そのものではありませんか!
現在の日本は、結婚式も葬儀も軽視される「愛」のない時代ですが、カラオケで歌うことで「愛」に満ち溢れたハートフル・ソサエティの到来を祈る気持ちになってきました。
こんな素人の歌でも聴きたがって下さる奇特な方がおられて、ブログ「ハートフル・ソングス」ブログ「ハートフル・ソングス2」ブログ「ハートフル・ソングス3」ブログ「ハートフル・ソングス4」で紹介したように、わたしの歌の動画をDVDにしてプレゼントして下さいました。もちろん非売品であり、あくまでも個人用ですので、著作権法などには一切違反しておりません。はい。 
このたび、その方が続編として、「HEARTFUL SONGs ハートフル・ソングス」の5・6・7を同時に作って下さいました。5のケースの表面には、ピンクのジャケットにピンクのシャツを着て、スタンドマイクの前に立つサングラス姿のわたしの写真が使われ、「一条真也が歌うラブソング&グリーフケアソング」と書かれています。今回は、やじきたかじんの「泣いてもいいか」と「やっぱ好きやねん」を再収録しています。「泣いてもいいか」を歌ったときは感情が入りすぎて本当に泣いています。その泣き顔を撮影したのがケースの表面で使われた写真です。

f:id:shins2m:20191007122348j:plainケースの裏

 

また、ケースの裏面にはサングラスにベージュのジャケット、黒のシャツ姿で歌うわたしの写真が使われ、曲目リストとともに、わたしのLINEアイコンが印刷されています。なかなかの仕上がりで、自分で言うのも何ですが、本当にインディーズなどでデビューしたかのような錯覚にとらわれます。(笑) 

f:id:shins2m:20191007122723j:plain表裏つなげると、こんな感じ!

 

そして、曲目は以下の通りです。

●DISC1

01.坂本九上を向いて歩こう

02.坂本九見上げてごらん夜の星を

03.坂本九「涙くんさよなら」

04.ザ・フォーククルセダーズ「悲しくてやりきれない」

05.村下孝蔵「初恋」

06.村下孝蔵「踊り子」

07.BORO「大阪で生まれた女」

08.上田正樹「悲しい色やね」

09.上田正樹「わがまま」

10.やしきたかじん「泣いてもいいか」

11.やしきたかじん「やっぱ好きやねん」

12.寺尾聰ルビーの指輪

13.もんた&ブラザーズダンシング・オールナイト

14.甲斐バンド「HERO〜ヒーローになる時、それは今」

●DISC2

01.世良公則とツイスト「あんたのバラード」

02.世良公則とツイスト「宿無し」

03.世良公則とツイスト「銃爪(ひきがね)」

04.世良公則とツイスト「燃えろいい女」

05.舟木一夫銭形平次

06.里見浩太朗横内正「あゝ人生に涙あり」

07.松村和子「帰ってこいよ」

08.都はるみアンコ椿は恋の花

09.和田アキ子「古い日記」

10.シャ乱Q「シングルベッド」

11.吉川晃司「サヨナラは8月のララバイ」

12.近藤真彦「一番野郎」

f:id:shins2m:20191007122247j:plainディスクは2枚組です!

 

素人の下手くそな歌ではありますが、結婚式も葬儀も軽視されていく一方という「愛のない時代」に、せめてラブソングやグリーフケアソングを歌うことによって、愛と思いやりに溢れたハートフル・ソサエティの到来を祈りました。わたし自身、この動画を観て、細かな音程や振付などのチェックをし、さらにカラオケ道を歩んで行く所存です。(笑)

 

2019年10月7日 一条真也

 

本当の人間尊重は礼をすることだ(安岡正篤)

f:id:shins2m:20190808131334j:plain

 

 

一条真也です。
言葉は、人生をも変えうる力を持っています。
今回の名言は、昭和の陽明学者・安岡正篤の言葉です。
御存知の方も多いと思いますが、「礼」はわたしにとって最も重要な思想です。わが社のミッションは「人間尊重」ですが、この源流は「礼」にあります。古代中国における孔子にはじまる儒家は、「礼」の思想にもとづく秩序ある社会の実現をめざしていました。そして、「互いに礼をするということが少なくなってくることは、社会学的に考えても大問題である」と述べたのは昭和の陽明学者・安岡正篤です。彼は、著書『東洋思想十講 人物を修める』(致知出版社)において、「人間はなぜ礼をするのか」という問題を提示しました。

 

人物を修める (致知選書)

人物を修める (致知選書)

 

「人間はなぜ礼をするのか」という問いに対して、安岡は「吾によって汝を礼す。汝によって吾を礼す」という言葉を示しました。これは互いがお辞儀をする説明として、最も簡にして要を得た言葉だというのです。自分というものを通じて相手を、人を礼する。その人を通じて自分を礼する。互いに相礼する。つまり、人間たる敬意を表し合うのである。安岡は「本当の人間尊重は礼をすることだ。お互いに礼をする、すべてはそこから始まるのでなければならない。お互いに狎れ、お互いに侮り、お互いに軽んじて、何が人間尊重であるか」と喝破しました。

 

礼を求めて

礼を求めて

 

頭を下げて礼をするのは「相手の人のためにするのだ」と大部分の人は思っています。しかし、それは大違いであると、安岡正篤は言います。礼というものは、相手にすると同時に、自らが自らに対してするというのが本義だというのです。
あるとき、1人の雲水が師家を訪ねて、礼拝しました。師家いわく、「お前はなぜ礼拝をしたのか」「はい、御師家を敬ってしました」と答えたところ、「それは礼ではない。礼というものは、汝に依って我を礼し、我に依って汝を正す」と師は述べたといいます。つまり、自分を通して相手にお辞儀をするとともに、相手を通して自分が自分にお辞儀をする。これが礼というものだというのです。『礼を求めて』(三五館)という著者があるくらい、いつも「礼」について考えているわたしですが、この安岡正篤の考え方には強い影響を受けました。

 

2019年10月7日 一条真也

酒の効能   

f:id:shins2m:20190809160554j:plain

 

適量のお酒は体に良い。とくに風邪をひいたときは、効果てきめん。まさに酒は百薬の長なのだ。(『御遺告二十五条』)

 

一条真也です。
空海は、日本宗教史上最大の超天才です。
「お大師さま」あるいは「お大師さん」として親しまれ、多くの人々の信仰の対象ともなっています。「日本のレオナルド・ダ・ヴィンチ」の異名が示すように、空海は宗教家や能書家にとどまらず、教育・医学・薬学・鉱業・土木・建築・天文学・地質学の知識から書や詩などの文芸に至るまで、実に多才な人物でした。このことも、数多くの伝説を残した一因でしょう。

 
超訳空海の言葉

超訳空海の言葉

 

 

「一言で言いえないくらい非常に豊かな才能を持っており、才能の現れ方が非常に多面的。10人分の一生をまとめて生きた人のような天才である」
これは、ノーベル物理学賞を日本人として初めて受賞した湯川秀樹博士の言葉ですが、空海のマルチ人間ぶりを実に見事に表現しています。わたしは『超訳 空海の言葉』(KKベストセラーズ)を監訳しました。現代人の心にも響く珠玉の言葉を超訳で紹介します。

 

2019年10月7日 一条真也

無事に帰国しました

一条真也です。
現地時間で5日の23時40分にクアラルンプール発のマレーシア航空88便に搭乗し、帰国の途に就きました。フライト時間は約7時間で、しかも深夜の夜間飛行でしたので、あまり読書はできませんでした。

f:id:shins2m:20191006044136j:plain
機内での読書は進まず。

 

 『舞踏会へ向かう三人の農夫』リチャード・パワーズ著、柴田元幸訳(河出文庫)を持ち込んでいたのですが、すぐ眠たくなってしまいました。最近どうも、機内での読書ができなくなってきました。加齢で暗い中で本を読むと、すぐ目が疲れてしまうのと、スマホをいじる時間が多くなってきたからです。機内で映画を観ている人も多いですが、わたしは基本的に飛行機では映画は観ません。

f:id:shins2m:20191006045847j:plain
朝焼けのオレンジが綺麗でした

f:id:shins2m:20191006053025j:plain
色がブルーに変わっていきました

f:id:shins2m:20191006055711j:plain
雲は天才である!

f:id:shins2m:20191006061407j:plain
日本列島が見えてきました

f:id:shins2m:20191006072319j:plain
成田空港に到着しました

 

3時間ほど寝て、目が覚めたら窓の外を眺めていました。今回は、久々に窓側の席だったのです。朝焼けのオレンジから次第にブルーの濃さを増していく空を眺めていると、飽きませんでした。また、雲がいろんな形に変化していく様子もいとおかし、です。石川啄木ではありませんが、「雲は天才である」といった印象です。

f:id:shins2m:20191006083726j:plain
成田空港ラウンジでブログを書きました

f:id:shins2m:20191006095101j:plain
ANA2141便で福岡に!

 

成田空港には日本時間で5日の7時40分に到着しました。なにはともあれ、無事に帰国できて良かったです。成田のラウンジでこのブログを書き、10時発のANA2141便で福岡空港に飛びました。正直イマイチだったマレーシア航空に比べると、やっぱりANAはあらゆる点で素晴らしいです。アメ二ティもホスピタリティも高いですね。

f:id:shins2m:20191006103308j:plain
やっぱり、ANAはいいね!


機内ではアウトロー雑誌を読みました

 

機内では、肩のこらない読み物をと思い、「ヤクザと芸能界」を特集した「昭和の不思議101」2019年秋の男祭号を読みました。わたしが知らなかったことがたくさん書かれており、興味深かったです。内容の真偽は知りませんが。(笑)
サングラス姿でヤクザの特集記事を堂々と読んでいても、CAさんは怪訝な顔ひとつせずに、ニコニコと笑顔で接してくれました。やっぱり、ANAはいいね!


九州に帰ってきました!

窓から九州アイランドが見えたときは、なんだか嬉しかったですね。飛行機は12時30分ぐらいに福岡空港に到着。予定到着時間は12時10分だったので、けっこう遅れました。福岡空港の滑走路が混んでいたための順番待ちだそうです。福岡空港からは迎えの車に乗って北九州に帰りました。諸般の事情で、けっこう疲れました。わたしは「早く家に帰って、熱い風呂に入りたい!」と思いました。

 

2019年10月6日 一条真也

クアラルンプール4日目

一条真也です。
マレーシアの首都クアラルンプールの視察も終わりです。
最終日の5日、オプションの観光ツアーに参加しました。

f:id:shins2m:20191005071339j:plainホテル客室から見た5日朝のクアラルンプール

f:id:shins2m:20191005081915j:plain今朝の朝食

f:id:shins2m:20191005101858j:plain
ワゴンに乗って観光に出発!

 

毎朝の日課である腹筋や腕立て伏せなどの運動をした後、レストランで朝食を取りました。この日は人参ジュースやベーコン、スクランブル・エッグなどを食べましたが、美味しかったです。また、カレー料理もなかなかの味でした。フォーシーズンズ・ホテル・クアラルンプールをチェックアウトしてから、9時10分に出発しました。観光チームのメンバーは、函館冠婚葬祭互助会の金澤さん、横須賀冠婚葬祭互助会の西村さん、オークスの奥野さん、そして小生の4人です。奇しくも、富山、横須賀、沖縄、函館・・・・・全互連の総会担当互助会のメンバーが集結しました。

f:id:shins2m:20191005102228j:plain
王宮を背景に 

f:id:shins2m:20191005102510j:plain
王宮の門の前で

f:id:shins2m:20191005102445j:plain
参加者と記念撮影

まず最初は、王宮を見学しました。マレーシア国王の王宮は「ISTANA NEGARA(イスタナ ネガラ)」といいます。マレーシアには州ごとにスルタン(Sultan)と呼ばれる州の王がいて、5年交代でアゴン(Agong)と呼ばれる国王の役目を担います。Jalan Dutaという地区にあるこちらの王宮は2011年に完成したばかりとのこと。

f:id:shins2m:20191005104414j:plain
修学旅行の生徒たちも来ていました

f:id:shins2m:20191005104602j:plain
国家記念碑を背景に

f:id:shins2m:20191005104528j:plain
参加者と記念撮影

f:id:shins2m:20191005104018j:plain
慰霊碑の前で


次に国家記念碑を訪れました。1949年から12年続いたマレーシア独立戦争共産主義ゲリラと戦い、亡くなった兵士たちを弔うために造られた、高さ15mのブロンズ像です。作者のフェリック・デ・ウェルトンはワシントンDCの硫黄島記念碑の製作者でもあります。マレーシア国旗を掲げ、勇敢に戦う兵士の姿が見事に表現されています。

f:id:shins2m:20191005110046j:plain
独立広場にて

f:id:shins2m:20191005105806j:plain
陽射しが強くて、暑かったです!


次に、独立広場を訪れました。ムルデカ・スクエアとも呼ばれますが、ムルデカとはマレー語で独立の意味です。1957年8月31日午前0時に、この広場に掲げられていたユニオン・ジャック(英国国旗)が降ろされ、代わってマラヤ連邦国旗が掲揚されました(マラヤ連邦の独立)。なお、マラヤ連邦独立記念式典は、同日日中にムルデカ・スタジアムにおいて行われています。旗竿の高さは95メートルです。

f:id:shins2m:20191005111405j:plain
国立回教寺院にて

f:id:shins2m:20191005111656j:plain
礼拝所で『コーラン』を頂くポーズを

f:id:shins2m:20191005112045j:plain
タウヒード」の説明コーナーの前で


次に、国立回教寺院を見学しました。マレーシアはイスラム教国なのです。国立回教寺院は「MasjidNegara(マスジッド・ネガラ)」といいます。1960年に着工、1965年に竣工したマレーシア国内最大の大規模なモスクです。マレーシアの保有する13の地方行政区分とイスラム教の五行を象徴した18角形の直線的な水色の金属製の屋根の白を基調とした池の中心に浮かぶような超近代的な礼拝堂で、約8000人が収容できるそうです。他に、72メートルもの尖った白亜のミナレット(尖塔)、マレーシアの歴代指導者の霊廟、イスラム書籍の図書館、会議室などがあります。わたしは回教徒の衣装を着て、イスラム教の祈りのポーズをしました。『コーラン』を両手に頂くポーズです。

f:id:shins2m:20191005113935j:plainスリ・マハマリアマン寺院の前で

f:id:shins2m:20191005114159j:plainスリ・マハマリアマン寺院の中で

f:id:shins2m:20191005114437j:plain
ヒンドゥー教の儀式のようす


それから、スリ・マハマリアマン寺院を見学しました。マレーシア最古のヒンドゥー教寺院で、極彩色に彩られたヒンドゥーの神々の像が華やかに彫り込まれた門塔が、見るものを引きつけます。実業家サミ・ピライにより1873年に建造。1965年から約7年の歳月をかけて修復し、その後2010年に塗り直しされています。チャイナタウンのほぼ中心に位置していますが、信者の多くはインド系の人々です。タイプーサムというヒンドゥー教の祭りのとき、寺院内にあるインド製の銀の二輪馬車が郊外のバトゥ・ケイブまで運ばれます。

f:id:shins2m:20191005115354j:plain関帝廟にて

f:id:shins2m:20191005115719j:plain関帝像と

f:id:shins2m:20191005115954j:plain
孔子像と

 

それから、関帝廟を見学しました。三国志でも知られる武将・関羽が祀られています。1887年完成の寺院。この関帝廟は広東様式で、四角い柱が好んで使われています。唯一の丸い柱には、邪悪な気が進入しないようにと竜が彫られています。また、門の天井から吊り下げられた線香も見どころです。

f:id:shins2m:20191005120652j:plainセントラルマーケット の前で

f:id:shins2m:20191005121737j:plainセントラルマーケットのようす

f:id:shins2m:20191005123234j:plain
昼食の五目海鮮そば

f:id:shins2m:20191005123323j:plain
いただきます!

f:id:shins2m:20191005124911j:plain
絶対に見逃しません!(with西村)


その後、セントラルマーケットに行きました。イギリス統治時代の1888年に建てられた歴史的建造物で、もともと生鮮マーケットとして建てられました。今は約130店舗が軒を連ねる、観光客に人気のお買いものスポットとなっています。内部は2階建てになっており、中央の吹き抜け部分を中心に左右にお店が並ぶ細い通路が巡らされていて、さながら迷路のような状態です。売られているものは、伝統工芸品、お土産物、衣類など様々で、手軽に買える雑貨からかなり高価なものまで揃っています。ちょうどランチタイムになったので、セントラルマーケットで昼食を取りました。注文するとき、他のメンバーが「ナシゴレンにしようか、ミゴレンがいいか?」などと言っていたので、わたしが「ゼンゴレンにしなさい!」と言ったら、馬鹿受けしました。(笑)わたしは五目海鮮そばを食べましたが、美味しかったです!

f:id:shins2m:20191005135159j:plainヒンドゥー教最大の聖地です

f:id:shins2m:20191005135217j:plain
ド迫力です!

f:id:shins2m:20191005135311j:plain参加者と記念撮影

 

それから、バトゥ洞窟を訪れました。クアラルンプール屈指の人気観光地で、ヒンドゥー教の聖地として知られる場所です。272段もある急な階段を登った先には巨大な鍾乳洞があり、洞窟内には多くのヒンドゥー神話に基づく展示や壁画があります。カラフルな神像が並ぶ神秘的な空間が広がっていますが、洞窟を形成する石灰岩はおよそ4億歳とされています。毎年1月下旬から2月上旬にかけて、ヒンドゥー教最大の祭「タイプーサム」が洞窟内で行われます。周辺には数多くのサルが生息しています。わたしは、三度の飯よりも洞窟が好きなのですが、雨が降り出したので、階段を上って洞窟には入りませんでした。まことに残念です。

f:id:shins2m:20191005144544j:plainロイヤルセランゴールの錫(すず)工場

f:id:shins2m:20191005151227j:plain
すず工場を見学しました

f:id:shins2m:20191005150502j:plain
すずで作られた巨大ジョッキ

f:id:shins2m:20191005150435j:plain
すずで作られた巨大ジョッキと

 

それから、ロイヤルセランゴールピューターを見学しました。世界中で愛される高品質、ロイヤルセランゴールの錫(すず)製品を作っている工場です。製品への理解を育んでもらうため、工場見学を実施しています。予約や入場料などもなども特に必要ないそうです。工場内の見学途中には、ソフトドリンクのサービスがあります。もちろん容器はピューター製品で、ドリンクはぬるくても、ピューター製品はひんやりしていました。わたしが「すずの工場か、あまり興味ねえなあ。広瀬すずなら大好きだけど」と言うと、これまた馬鹿受けしました。みんな素直で感性の豊かな人たちです。(笑)

f:id:shins2m:20191005155348j:plainバティック工房のようす

f:id:shins2m:20191005150908j:plainバティック工房にて


それから、チョコレート店を訪れてから、バティック工房を見学しました。この日はクアラルンプールの見どころが盛りだくさんで、歴史・文化・伝統など多様な面からマレーシアを知ることができました。

 

その後、フォーシーズンズ・ホテル・クアラルンプールでゴルフ組と合流。みんなでバスに乗って、夕食会場のレストラン「BIJAN」に向かい、マレー料理を楽しみました。食後は、再びバスに乗ってクアラルンプール国際空港へ。23時30分発のマレーシア航空88便で帰国の途に。成田空港には日本時間の6日7時40分に到着します。

 

2019年10月5日 一条真也

『孤独の意味も、女であることの味わいも』

一条真也です。
クアラルンプールに来ています。5日の23時30分発のマレーシア航空88便で日本に帰国します。125万部の発行部数を誇る「サンデー新聞」の最新号が出ました。同紙に連載中の「ハートフル・ブックス」の第138回が掲載されています。今回は、『孤独の意味も、女であることの味わいも』三浦瑠璃著(新潮社)を取り上げました。

f:id:shins2m:20190930161657j:plainサンデー新聞」2019年10月5日号 

 

新進気鋭の国際政治学者として注目を集めている著者の初の自伝的著作です。時折、TVで見る著者の外見や発言、身のこなしには「恵まれているいい女」というイメージが強く、それが鼻につくという人は多いと思います。正直、わたしもそんな1人でした。しかし、本書を読んで、けっして著者の人生が順風満帆でなかったこと、それどころか逆風の連続だったことを知り、認識を改めました。そして何より、著者の卓越した文章のうまさに脱帽した次第です。

 

著者は1980年、神奈川県生まれ。幼少期を同県の茅ヶ崎、平塚で過ごし、県立湘南高校に進学。東京大学農学部を卒業後、同公共政策大学院及び同大学院法学政治学研究科を修了し、博士号(法学)を取得。東京大学政策ビジョン研究センター講師を経て、山猫総合研究所代表取締役に就任。「朝まで生テレビ! 」、「ワイドナショー」などテレビでも活躍する一方、旺盛な執筆、言論活動を続けています。

 

本書にはショッキングな内容が多々書かれています。中学時代に遭ったいじめ、集団レイプの被害者となった悲劇、大学生時代に妻子ある男性と不倫していたこと、そして最初の子どもを死産したこと・・・・・・正直、「ここまで書くとは!」と驚きました。最初の子を死産で失った著者は深い悲しみの淵で打ちひしがれましたが、さまざまな不安を乗り越え、次の子を無事に出産します。

 

わが子がすやすやと眠る姿を見ながら、著者は、「眺めても眺めても、あきなかった。匂いを嗅ぐだけで、あの子に寄り添うだけで、満たされた。節ごとにぷっくりと膨らんだやわらかな肌。ぽやぽやとしたおでこの生え際の、甘いミルクのような匂い。そっと持ち上げて枕の上に載せると、彼女のちいさな身体がその分だけの静かなくぼみを作った。このちいさな赤ちゃんを肥えさせて、背中が痒かったり眠かったりするそのちいさな思いを汲みとってやることが、私の日々の主な仕事になった」と述べます。愛情に溢れた名文です。

 

本書の最終章となる「孤独を知ること」で、著者は孤独と悲しみと無縁ではなかった自分の人生を振り返った後で、「少なくとも、救えない子なんていないのだ、と私は思いたいし、大なり小なり誰だって傷を抱えて生きているのだ、とも思う。あなた自身を、出来事や外部に定着させてはいけない。あなたのことはあなた自身が定義すべきなのだから」と述べています。本書には著者の恋愛観なども書かれており、これがまた秀逸なのですが、いずれにしても、令和の新しい時代を生きる「女」たちにとっての生き方の指針となるようなパワーを持った本であると思いました。

 

孤独の意味も、女であることの味わいも

孤独の意味も、女であることの味わいも

 

 



2019年10月5日 一条真也